ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」を拠点に、
春夏秋冬めぐる季節を地元観光ボランティアガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

コメントはメールアドレスを記入しなくても投稿できます。

 

北海道紋別市

pramon(原志利)

「紋別市観光ボランティアガイドの会」会員。北海道写真協会紋別支部会員。e-mail: shitoshi @aioros.ocn.ne.jp

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
ゴマスケさん、こんばんは。
我が家は旧暦を使って、、、るわけありません(笑)
ほんと偶然でしたね。
26日はあいにく曇り空でした。
天の川撮影は一区切りした感がありますが、
実はまだ拡張感度という裏技があります。
乞うご期待?。
投稿者:ゴマスケ
pramonさん、てんさん
みなさん、こんにちは。

8月26日は、旧暦の七夕でした。
ですから、このタイミングで天の川の写真を
ブログにのせるなんて素敵ですね!
紋別ではこの日、晴れたでしょうか?
投稿者:pramon
てんさん、こんばんは。

>細かな星の散らばりがぎっしり詰まって見えます。

わかると言っていただいてありがとうございます。
ただ、文の表現からするとたぶん違うと思います。(苦笑)
ネット上の天の川撮影データを見ると、
最新高価カメラと高価なレンズが必要なようです。
でも、もし今回の写真で天の川がわかったとしたら、
これが実際に見える状態に近いかもしれません。
彦星、織姫星の件ですが、
方角からして、この写真にはそれらの星は写ってないと思います。
見える星が多すぎて区別つかないのが実際です。

天の川は9時ごろには真上を貫いてます。
もちろんこれは紋別時間なので、
そちらは経度差を考慮しないといけません。
時差は30分ぐらいでしょうか。。。
投稿者:てん
pramonさん、皆さん、こんにちは。

おーっ。今回はわかります。
細かな星の散らばりがぎっしり詰まって見えます。
欲を言えば、これが「彦星」でこれが「織姫星」と解説があるとさらにOKです。

最近、夜空を見上げるなんてことはほとんど無なっちゃいました。

今の時期の天の川は南東から見えるのでしょうか?
9月は空気が澄んでも月が邪魔するし、「何とか座」が中心から離れちゃって見づらくなるんでしたっけ。って、学生の頃のうろ覚えですいません。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ