ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」を拠点に、
春夏秋冬めぐる季節を地元観光ボランティアガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

コメントはメールアドレスを記入しなくても投稿できます。

 

北海道紋別市

pramon(原志利)

写真サークル「フォト紋別」代表。北海道写真協会紋別支部会員。「紋別市観光ボランティアガイドの会」会員。e-mail: shitoshi @aioros.ocn.ne.jp

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
てんさん、こんばんは。
お陰さまで、風邪はひいてません(^^)
このよだれは一回目のホッケをもらった後ですね。
そしてこの目線は2回目はまだか〜と睨んでるところ(笑)かな?
カモメの件は実際に餌をかすめとるのをみてませんが、
スタッフとアザラシとの距離が近いのと、
センターのアザラシは食欲旺盛で俊敏なので、
横取りするのはかなり難しいかと思います。
でも、たくさん集まってきたら嫌ですよね。
投稿者:てん
pramonさん、皆さん、こんにちは。
寒い日が続いています。
風邪などひいていないでしょうか?

センターのドンは貫禄がありますね。
睨まれれば確かに引きます。
口から出ているよだれは、餌を見て出たものか、食べた後とに出たものか気になるところです。
どちらかなと言うと、大好物のホッケを目の前にしてお預けをされている方が絵になります。

オオセグロカモメくせ者ですね。小樽水族館のアザラシ池にも餌を狙って集まってくる鳥がいます。係の方がほうきで鳥を追い払いながらアザラシに餌を与えていました。
面倒ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ