Sport Riding Tourism(Bike&MotorSports.blog別館)

日々のバイクとモータースポーツ中心のブログですが、更新は不定期です(^^;;
数ヶ月更新がないときもございます。長い目で見て頂ければ幸いです。
(2009年8月頃から本館より、じょじょに移行しました。)

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Levine
ヤスコさん>

 マン島TTは、もうああいうレースですから、今更、あのレースをとやかくいうのはナンセンスなんですよね。嫌ならエントリーしなきゃいい訳だから。衰退しないのは、おっしゃる通り、惹き付ける魅力があるんでしょうね。

 観てる分にはいいんですが、速度域が通常のサーキットと変わらないですからねぇ。伊豆スカで200km/hくらい出してる人でも及ばないですからね。

 三宅島はもっと東京都がサポートすればねぇ。船の問題が大きいですね。ボランティアの扱いがひどいですからね。お客さん優先だから、早く会場入りするのは当然としても帰るのも終わった翌日に帰ってくれとかね。ボランティアしてる人の大半は普通のサラリーマンということをわかってないんですよね。何日会社を休ませんだ!みたいな。

マン島TTはHONDAのTeam 無限も出てたような気がするので、そちらに影響がないといいですね。
投稿者:ヤスコ
毎年のように事故のあるマン島ですが、それでもなぜずっと続いているのか…多分ライダーを走らせる何かがあるのでしょう。
(若干)整備したとはいえ公道、日本じゃ到底考えられないレース。
それを三宅島のメインにって言ったオッサンはある意味すごかったですねぃ。

結局三宅島のイベントは輸送の難もあって、一部のライダー限定の内輪イベントのようになってしまったような気がします。
あれだけ盛り上がっていたのにちょいと残念でもあります。

マン島TTは日本では決して大きく取り上げられることのないレースですが、その魅力にとりつかれた素晴らしいライダーがいること、そしてまた1人旅立ってしまったことは寂しいです。
ご冥福をお祈りいたします。

http://blog.livedoor.jp/y1124_doubt/

Weather News

美人×SNAP

QRコード

最近のトラックバック

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ