万葉集ブーム  

新しい元号, 「令和」 の出自が万葉集だと言うので, 俄か万葉集ブームであるようだ。
万葉集と言っても, 今の人は仮名漢字交じり文で読んでいるに違いない。
折角ブームなのだから, ここは一つ, 是非とも原文で読んでもらいたい。
原文というのは所謂 「万葉仮名」 つまり漢字一文字を一音で表しているあれのことだ。
ところが, 原文を読んでみると, 万葉集というのは全部が万葉仮名で書いているわけでもなく, 又万葉仮名の書き方も, 最初の方と後ろの方では大分変遷があることが分かる。
万葉集には, 歌の前書きとか, 後書きみたいなところがあって, そこでは最初は漢文で書いてあったりする。そして, 歌の方も最初の内はレ点で後ろから前に戻っているようなものがあったりする。
それに 「乍」 が 「ながら」 だったり 「(し) つつ」 と読まれていたりするので, 中々複雑だ。
その他にも原文でないと分からない, 面白いところが沢山あるので, 原文も付いている万葉集で読んでみられることをお勧めする。

ところで, 上で 「出自」 と書いたのは, 万葉集に 「令和」 という言葉が直接出て来るわけではないらしいからである。 「出典」 と書かないのは, 矢張り直接出て来るものをそのまま提示されたわけではないから。 こういう時は 「出展」 ではなくて 「出自」 と書くのが良いのではないかと思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ