夏休みを減らさないで  

前の記事とも関連しているが, 最近は地球温暖化の影響があって, 教室にもエアコンが入るようにはなった。 しかし, 体育館にはエアコンは入っていないし, 当然グラウンド (校庭) にもエアコンはない。
エアコンがなくて熱中症を警戒し, 原則運動中止が勧告されていても, 時間割通りに学校では授業が行われ, 従って炎天下で運動が行われる。
そればかりではない。 どんなに暑くても通学途中は暑い。 そして通学で cool down する間もなく否応なしに授業は始まってしまう。
そういう中, 学校の授業は一単位時間が 35 週を標準としているので, それを守れと文部科学省が言ってきている。
現場では 35 週を守る為に, 行事を減らすのではなくて夏休みなどを削っている。
その一方, 採点間違いをしない様にと, 定期テストの後に採点日という生徒休業日を入れなくてはならないような事態にもなっている。
そうするとますます授業時間が削られるので, 夏休みを益々削ったり, 定期テストを一日にたくさん詰め込んで, 日数を短くしたりしている。
本当にそれでいいのだろうか。
学ぶ期間を長くするよりも, 一週間に勉強する時間数を増やした方がより学べるのではないだろうか。
学ぶ期間を長くするとよりちゃんと学べると本当に思ってそうしているのだろうか。
エアコンの設定温度を上げて, 40 人を詰め込んで夏の間学習するよりも, 家で学習した方がずっといいと思う。
そうでないのなら, ちゃんとエアコンの設定温度を下げられる湯予算を出して, 一クラスを 20 人程度に下げるようにするべきである。
現在のままでは夏は暑くて勉強にならない。 夏休みをもっと長くして, 七月から九月上旬位にして欲しい位である。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ