Internet と typesetting の思い出 (3)  日記

(承前)
HTML の表現には限界があり, HTML 固有の方法だけで, 数式を表現するのはとても無理があると, そういう風に思っていたのは別に僕だけではなかったらしいので, その内 MathML とかいうのが現れた。 これは TeX を基にして作ったらしいのだが, 記法がひどくて, とても人間が手で書けるものではなかった。 大体 \left( で済むものを < left >(< /left > の様に書かなければならず (とはいえこれが MathML として正しいかどうかは確かめてないので不明である), MathML の解説文等にも, これは人間が手で打てる限界を超えているから, 例えば MathType の様な software から出力させるのがよかろうみたいなことが書いてあって, 実にひどいものだと当時は思ったものだ。 (「人間が MathML を直接書いたり編集したりすることは意図していない」 ということである)
 しかも MathML を IE の様な browser で実現する為には MathPlayer という addin を install しなければならず, MathML で書かれた page を開くと, 重くてとても大変だったことを思い出す。 それで結局, 多分 MathML は頓挫してしまったのだと思う。 (もしかしたら今でも生きているのかもしれない)
 そういうわけで, 数式を打つのは大変なので, TeX を使って PDF 出力する人等もいた。 しかし PDF というのも, ご存知のように重くて, page 数の多い文書は読み込むのが大変だった。 そして訂正するのも当然元の文書を直して, 全体を PDF 出力させる必要があり, あまり良いものであるとは思えなかった。
 そうしている間, 僕は相変わらず数式 editor を使っていたが, 数式 editor は, typo が起こった時に, 修正するのが大変面倒であった。 短い式ならいざ知らず, 長い数式になると殆どお手上げ。 短い数式も, 最初から打ち直すのが面倒だから, 「ペイント」 で部分的に書き直すということをやったりした。
 そうしている内に, 遂に MathJax というものが現れた。 これは JavaScript を使って, 本文に TeX 記法で書いたものを, きちんと書き直してくれるというもので, install が不要だし, 書くのも楽だし, 大変便利である。 今のところあまり大きな file だと描画に時間が掛かるので, 大きな file は分割した方がいいようである。
 調べてみると MathML はどうやら機械寄りの ASSEMBLER みたいなもので, MathJax は 「高級言語」 という感じである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ