BISTRO & BAR LE MISTRAL

2013/7/9

輸入再開  食材

クリックすると元のサイズで表示します


現地業者(フランス)の不手際で、少し前から輸入が一時ストップになっていた・・・



「ブルターニュ産 仔牛」


先週末より輸入が再開された。



ジロール茸を蒸し煮にしたモノをソース兼付け合わせに。


















さすがにウチ、夏場はネタがないぞ!!!(涙)
0



2013/7/13  2:34

投稿者:SSMG

>チラ見・アフター・ガン見の精神です!!
休憩中に見て噴き出してしまった(笑)

鱧は兄貴がという話を聞いたのですが、そのあたりはお話を進めていただけたら幸いです。
ワインは例のインポーターさんからめぼしい物を買っておき、後で鱧代と一緒に割り勘にしませんか?濃渋ワインは僕がもてあましているものを持っていくので大丈夫です。

2013/7/13  0:21

投稿者:ふにゃりん

皆様、お疲れさまです。ふにゃりんです。


サンデー会のコンセプトに従いまして、理屈抜きで行きましょう!

かといって、無茶苦茶ではいけません!

鯉〜渋井〜でも寄り添う努力が必要ですね!努力します。

チラ見・アフター・ガン見の精神です!!

話は360度変わりますが、鱧は各自仕入れるという感じで

よいのでしょうか?ワインの確保は?


プチ宴(前夜祭)が必要ですね。

2013/7/12  20:07

投稿者:SSMG

私からの提案です!
前向きに料理と合わせてみたい飲み物を例のインポーターさんから確保しつつ、(経験として)濃いくて渋いのを試しに1〜2本用意して合わせてみたほうがいいかもですね。典型的な若いボルドー1本。デスワイン1〜2本余っているのでちょうどいいかもですね。思ったよりもいけるかもしれませんし、やっぱり料理を破壊するかもしれませんが、濃い渋好きな方の気持ちが多少わかるかも。(ここの管理人さんはそんな方の気持ちは知りたくもないでしょうが)
熟成シェリーも合わせてみたいですし、ランビックビールなど合わせたらどうなるかも個人的には気になります。とは言え最後はいつものようにグダグダになるのでしょうが(笑)

2013/7/12  4:06

投稿者:SSMG

素朴な疑問さん
大丈夫ですよ!成熟した大人の集まりなのでその点は問題ありませんよ。

2013/7/12  4:03

投稿者:素朴な疑問

めでたい時にこちらの管理人さんの参加は不謹慎ではないでしょうか?

2013/7/12  4:00

投稿者:SSMG

サンデー会のワインの提案です。ST.兄貴と語らいましたのでご報告を。

みなさま、オーダーで「赤ワインください!重くて渋いの!」と言われることはあると思いますが
「え!これ食べてるこのタイミングでそれ!?」と思うときはありませんか?

もちろん好きなときに好きなものを飲んでいいのかもしれませんが、そういうときのための経験値アップということで「鱧に赤ワイン。それもあえて『鱧に合わないだろう!』と思われるもの且つよくオーダーされがちな赤ワイン」というのはどうでしょうかということです。
もちろん保険として当日は相性の良さそうなワイン(赤、白など問わず)を用意してもいいとは思いますが、あえてそこに突っ込んでみてはと言う意見をいただきました。
いかがでしょうか?僕はこういう企画大好きです、

いやあ今日はめでたい日です!サンデー会も盛り上がるのではないでしょうか?ふにゃりんも早速レスポンスよろしくです!

2013/7/11  15:37

投稿者:SSMG

チャージ300円のようですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ