BISTRO & BAR LE MISTRAL

2012/9/29

ジビエいろいろ  食材

クリックすると元のサイズで表示します

先ほど届いた。
ジビエいろいろ。

○フランス・ソローニュ産 青首鴨(オス・メス各1羽づつ)
○スコットランド産 ペルドロー・ルージュ 2羽
○スコットランド産 雷鳥 1羽

です。

雷鳥はお客様のリクエストで仕入れました。

順次放出していきます。
2



2012/10/8  1:00

投稿者:あばんちゅ〜るないつ

只今某●●病院夜勤の休憩時間、毎日このコメ欄を楽しみにしております。

この皆さんの意見、いろいろと興味深く考えております。
…が、皆さんがおっしゃっているターゲッツ、そのほとんどが「酒の肴」程度のレヴェルだと思われますね。
アノ人またこんな事いってるわ(笑)フフフ…オモロ。がほとんど。
こんなこと真に受けてる人いるんかなにゃぁ?(猫)と本気で心配になります。

カリカリや冷え冷えなんて言ってるのわ例外として、若干危惧すべきは癒着系ではないかと。ほら、いっぱいいるじゃないですか周りに。業界の人間は皆知ってるはずですよ。その恩恵を受けているから敢えて誰も言わないけどね。

…と小生は思いますよん。

2012/10/6  13:09

投稿者:シェフ

う〜ん・・・何でしょうネ、このコメント欄。
熱すぎます!(笑)

どこまでヒートアップしてしまうのでしょうか?(爆)

明日の閉店後、これらを酒のアテにして一人で「プチ宴」でもしてしまいそうな勢いです。(爆)

2012/10/6  4:38

投稿者:通りすがりさんへ

通りすがりさん
気持ちはわかりますが、ある意味しょうがない面もあるのでは?
そういうグルメブログを書いている人たちも最初は悪気があって書き始めたわけじゃないと思います。
無知の知を知れっていうじゃないですか。彼らにはそれが足りないだけです。
そのうちいろいろと知っていくうちに過去を振り返る日が来ると思いますよ。
実害が出ているなら考え物ですが、そうでないなら考えないほうがいいかと。
個人的にマックもそれなりに美味しいと思いますしね。

2012/10/6  4:22

投稿者:通りすがり

自称「グルメ」で自分の好き嫌いだけでお店をぶった切っているのに、ピンクペッパーとコリアンダーの区別も付かず、定番の「タコとセロリ」の組み合わせを「以外に合うんやね」と言ってみたりする訳ですからね。
滑稽極まりないです。

ラーメンの評価になるとテンション上がって評価するが、そんなレポでMSGを摂取しすぎているため、トマトの旨みを生かした料理を食べて「もっと深みが欲しい」と言ってしまう悲しさ。普段食べているものをブログでご丁寧にさらしているから何が味の頼り所になっているか丸わかりですよ。
もっと深みがあれば→化学調味料投入→深みがあって旨い!
マックでも食べてろや!

2012/10/5  21:28

投稿者:菊永淳一

地方で働くソムリエです。割り込んですみません。

「赤ワインは常温」という言葉がまかり通っているのがなんとも・・・・
ワインの世界の常温は「中世ヨーロッパのダイニングルームの温度」です。
たしか17℃前後でしたね。実際口にするとひんやりした感じで、湿度の高い時期にはその温度でもグラスが曇ります。

日本の常温は20℃を超えるのでは?25℃を超える温度で放置したら揮発しちゃいますよ。

ワインの酒類によっても変わりますよね?アルザスのピノなんかは冷やし目の方が美味しいでしょうし、みんな大好きボージョレヌーボーは冷やしたほうが美味しいです。

もちろんワインの区別なく全部冷蔵庫で冷やしているお店もあるのは事実ですが、全てひっくるめて否定されてもねぇと。一生懸命やったことが伝わらないのは仕方がないことですが、その部分だけ見て「ダメ」の烙印を押されては困るのです。

グルメについて語るのは大いに結構ですが、上っ面の知識を物差しにして全てを測ると、せっかくの美味しさ、つまりは本質を見失ってしまうと言うことです。

そんな状況をよくテーブルで見ます。個人のブログでも(これが一番ひどうですが)。



http://www.sommelier.jp/

2012/10/5  17:46

投稿者:シェフ

微笑三太郎さん

う〜ん・・・かなり香ばしい話ですネ。(笑)

そもそも「カリカリ、パリパリの薄い生地の上に具材を乗っけて焼いたモノ」はイタリアの存在するのですか?
存在するとしても「ピッツァ」と呼ぶのですか?
イタリアの食文化に関しては専門ではないので、どなたかご存じでしたらご教授お願いします。

2012/10/5  2:47

投稿者:微笑三太郎

名無しさんの仰ること、よくわかります。

僕のお店では釜で焼いたナポリピッツァを出しているのですが
当店で食事をしたお客さんが「カリカリじゃないからダメだ!冷凍ピザでさえカリカリなのに!」と・・・

あの・・・うちのはナポリピッツァなんですけど・・・・


いろいろなところで恥をかいて食べてまわってるのでしょうね。お店の人は話を合わせているのでしょうが、内心否定したかったり訂正したかったりするのでしょうね。

2012/10/4  22:26

投稿者:シェフ

名無しさん

「現地はもっと安いゾ!」という言い分、スゴイですね・・・
飲食店は適正価格でも儲けたらダメ!というコトでしょうかね?

それともワインと比べてるのでしょうか?
ボージョレ・ヌーヴォ以外のワインは船便で輸送されるのでコストが航空便よりも安いので現地よりチョットだけ高い値段で買えるのですが・・・
(ヌーヴォは航空便で輸送される為、運賃が高いので現地で500円くらいなのに日本で買うと3000円くらいするのです。)

ビールとワインを一緒にされても困りますよね。

まぁ、そんなヒトがいるのがホントにビックリです!

2012/10/4  15:48

投稿者:名無し

市内で小さなカフェレストランを経営しています。
色々なものを知ってもらいたいと思い、メニューにベルギービールを置いています。

ある日、男性のお客様がお見えになりメニューを見て
「なんでこんなにベルギービールが高いんだ!?」と言ってきました。
ご存知かどうかわかりませんが、日本のビールと違ってベルギービールは仕入れが高価です。日本のビールの3倍くらいの仕入れ値なのでそれなり名値段はしてもいいと思っています。
仕入れ500円のベルギービールならメニューでは1000円前後。日本のビールが仕入れが200円前後でメニューなら500円から800円と言うところでしょうか。ロスもないようであります(気が抜けていたり噴いたり)。ということはリスクも伴っているわけです。

私が「仕入れ値が高いもので・・・」と答えるとその男性は

「俺がベルギーに行って飲んだときには安かったぞ」と・・・・

値段が違うのは当たり前ですよね。
税金、空輸代などなど費用がかかっているので現地と日本で値段が違うのは当たり前なのではないでしょうか?
ベルギーに行って飲んだことを偉いとでも思っているのでしょうか。

その後、ブツブツいいながらビールを飲み、了承も得ずに店内の写真をパシャパシャ撮りだしたり。会計の際にはお札を投げるようにして払っていきました。


店内の空気が悪くなったのは言うまでもありません。

そんなに飲食店の人間はへりくだらなければいけないのでしょうか?


2012/10/3  23:32

投稿者:シェフ

仮面貴族さん

飲食関係の方が望ましいのではナイかと・・・
飲食関係でも「敏感肌の50代」の方はアウトかと思われます。(笑)



p-sukeさん

ご無沙汰しています。
池尻大橋のあのお店に行かれるのですね。
もし、お越し頂けるようでしたら是非、お話お聞かせ下さい。
楽しみにしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ