BISTRO & BAR LE MISTRAL

2007/2/27

イベリコ豚の兄弟です。  食材

 先日のブログで「豚を物色中!」と書きましたが・・・入荷します!その名も「ノワール ド ビゴール(ビゴールの黒豚)」。この豚、フランスとスペインの国境にそびえるピレネー山脈のフランス側の麓で飼育されています。飼育されている、と言っても人の手によってエサを与えられる事はほとんどありません。空腹になった豚は勝手にドングリなどの木の実を食べ歩くそうです。飲み水も水道が設置されていない為、ピレネー山脈から湧き出るきれいな水を飲みに歩きまわります。

 一般的な養豚と比較して体重増加は、半分ほどにしか到りません。そのため生産効率の良い他の品種が台頭し、「ビゴール豚」の純血種は一時30数頭まで激減したそうです。このフランス最古の豚品種は絶滅寸前でした。しかし、やっぱり居るんですね!「これじゃ、いかん!」と思う人たち。絶滅から守り抜くために立ち上がった人たちがいたんです。その努力が実り、スローフード協会の認定を受け、安定頭数には到っていないものの、絶滅の危機からは逃れる事ができました。


 そしてこの「ビゴール豚」、起源はスペインの「イベリコ豚」と同じだそうです。ピレネー山脈に生息していた野生の豚(イノシシですね)がスペイン側で家畜化されたのが「イベリコ豚」、フランス側で家畜化されたのが「ビゴール豚」と言われているそうです。(ビゴールって、ピレネー近辺の古い呼び方です。)


 久しぶりに豚肉の仕入れでワクワクしてます。(値段も考えずに仕入れするのは悪いクセですが・・・)しかし、頭数が少ないのでいつでも入荷するわけではありません。当店に入荷するのも1週間〜10日かかるみたいです。そんな希少な豚を食べに来てください。3/5頃、入荷予定です。少量の入荷です。お早めに!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ