2021/8/31

山伏岳と屏風岩  登山

秋の宮、矢地の沢登山口より山伏岳にいってみました。

矢地の沢に入り、かなり前に行ったイメージで車を走らせましたが山半分ほど

杉の伐採により木出しで林道が伸びたようで登山口がわからず

何度か登山口探しで林道を往復しました。

クリックすると元のサイズで表示します


結局林道終点の広場が登山口。

クリックすると元のサイズで表示します


この看板が下に転がっていた、これではちょっと分かりずらかったです。

ここから進むと下草が伸び踏み跡を覆って、登山者も少ないのかなと、、

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


草をかき分け進み沢山のテープマーカーでぶどう平ま安心して

進むことができました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここまで急な坂もなく40分ほどで到着。ここから登山道は角度をつけます

水分補給をして登り開始。

クリックすると元のサイズで表示します


便利な時代。スマホの地図アプリがあり、事前に行きたい山域をアプリで見ておくと

ここのようにオフラインでも地形図が表示されGPS機能で現在地が分かります。

クリックすると元のサイズで表示します


30分ほどの登りで屏風岩から来る尾根に出る。

ここからは見晴らし期待です。

クリックすると元のサイズで表示します


コルより小さなピークを登ると山伏岳。


山頂への尾根にとりつききた道を振り返ると
クリックすると元のサイズで表示します


ダイナミックのな屏風の尾根。

クリックすると元のサイズで表示します


向こうは虎毛山と前森のとんがり山、天高くの秋の雲とまだ8月の雲、点在する季節でしょうか

クリックすると元のサイズで表示します


山頂です。 

風があり休憩と景色を眺め、早々にげざんしました。
2

2021/8/14

ロボット掃除機  こんなことも

お盆ですが、肌寒く、雲り時々雨。

最近、母は何事もテキパキとできなくなってと言ってテレビを見ています。

私も無精で月に何度ホウキなどもって掃除なんてするのだろうか

玄関からの廊下は綿埃に髪の毛が散らかったりです。

本題に入ります(^^ ロボット掃除機を買ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


ネットを見ていて横に興味を引くようにコマーシャルでロボット掃除機チラチラと

出てきて、なになにとその品を「検索」本家?「ルンバ」結構な値段です

そのルンバを見ているとまた横に他メーカーのロボット掃除機がチラホラとでます

アマゾンで検索して価格とレビューのよかった「ILIFE Bv3s Pro」買ってみました

Pro→プロの文字にひかれて&割引価格にまたひかれて。

クリックすると元のサイズで表示します


回転する前ひげで中央の吸い込み口にごみをかき集めます、ひげが長いので角の埃もキャッチ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


玄関の段差も回避!

クリックすると元のサイズで表示します


引き戸のレールも乗りこえて働きます。

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと難点はダストホックスが小さい、とか言って自分の仕事をなるべくしない方向

へもっていきたい無精な私です。

こんな私を尻目にけなげに掃除をしてくれてます、見ていて楽しく、電池がなくなるか

リモコンでホームへのボタンを押すと自分で充電器まで戻って電気を蓄えます、おすすめですよ。
3

2021/7/18

行ってしまった、女甑山  登山

北東北の梅雨も明け、下界ではじりじりと暑くなってます。

そんな梅雨明け翌日の土曜日、女甑山のトンガリからドロンを飛ばしてみたく

及位登山口から入り甑峠からの女甑直登でいってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝10時、車を止め歩き始めます

じりと暑くはないが木漏れ日の中峠へ向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの道は歴史があって由利本荘、亀田藩の参勤交代の道だっだとか

ここから、南に高度ある尾根にとりつきます。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

街道より分かれて登り始めますが登る人もなく? 踏み跡は藪の中

裾野では大きくピンクのマーカーを付け、戻ってこられる支度をして左右に踏み跡を

探したりもしました。

クリックすると元のサイズで表示します


トラロープを見つけ安心したり。8合目あたりで尾根は水平になり幅が3mほどなので

むりくり山頂に向けて藪をこぎました。

クリックすると元のサイズで表示します

                直下。

クリックすると元のサイズで表示します

          首を伸ばせば山頂です。

クリックすると元のサイズで表示します

はぁはぁはぁと 山頂です。

ここでドロンセットし飛ばしてみました。



クリックすると元のサイズで表示します

山頂、北側、登ってきた方面です。

クリックすると元のサイズで表示します

男甑を入れて山頂。
クリックすると元のサイズで表示します

幅3mほどの水平尾根です。

帰りは男女コルまで降り
クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムうどんの昼飯、ここから大カツラの木経由で帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな写真撮れるここの神秘なところも好きであり、ます。

無事下山す。



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ