夕方の「ニュースショー」を観ていて思ったこと  テレビ

最近の17〜18時台の、ニュースとは名ばかりの、ワイドショーもどきのニュースショーには辟易ですが、仕事場では地上波しか観られないので、時々やるニュースを観たいがため音声を消して付けっ放しにしています。
昨夕、ホンマグロの漁獲量が制限され、値上がりは必至だというニュースの後で、うちの近所にできた新しいビルのテナントとして入った寿司屋の紹介をやってました。
ネタがシャリの何倍もあり、軍艦巻きから溢れるほどイクラやウニを乗せるのが売りの店だそうです。
私は寿司ネタではマグロが一番好きですが、この手の「デカネタ」は邪道だと思っています。
シャリの量に合わせたほどよい大きさのネタ、このあんばいは永年職人によって培われてきたもので、割安感を出すためだけに巨大なネタを売り物にするのは、先人にとっても、また食われる魚にとっても失敬な話だと日頃から思っていました。

そんなわけで、こんな食い方をしたら漁獲量が増え過ぎるのは当たり前だと、TVの前でひとり怒ってました。
まあ、こんな戯れ言をいうのは、寿司が「ご馳走」だった旧世代に私が属しているからかもしれませんね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ