Ohjiroのウッドベースな日常

ジャズとウッドベースを愛し続けながらグルメを追究し、ついでにワンコネタ満載のブログだよ

 

カレンダー

2019年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たぬき
オオ!素晴らしい楽器との出逢い/購入。おめでとうございます。

お写真を拝見した限りでは老婆心ながら、
これまでの指板調整(ドレッシング)の結果か
指板の厚みが若干薄めの様に拝察します(現状は問題ないかと
思います)
将来的に、ひょっとしたらドレッシング(指板削り調整)は難しいかもしれません
(楽器屋さんからは指板の交換を言われるかも?)。
指板材の黒檀材がネック全体の強度の補強材の役割を担っていますので、
現状〜は、ネック曲がり(反り)予防の意味で、
念のためにテンションの高い弦の銘柄はご遠慮なさったほうが良いかもしれません。
(夏場の高温多湿の環境ではニカワが緩み様々なトラブルの元で厳重な注意が必要です。
、、、うちの新作楽器(満22歳6ヶ月?のドイツ娘)もオリジナルの指板を二度ドレッシングした後、夏場の管理不良からネック曲がり(反り)を生じて、オブリガート弦から更にサウンド優先で某エ○○ラッツィ(レギュラー)を張ったとたんに明らかにネックが反り、やむを得なく元のオブリガートに戻しましたがネックに曲がり癖の持病を抱え混んでしまいました。後に改善策として特に極厚の指板材をリクエスト〜張替して貰いしばらくは絶好調(指板材の質量増加でサウンドもクリアーで立ち上がりが速くなりかつ締まった感じに変わりました)でしたが
一夏を越したら持病が再発、、、(困惑)

とりわけオールド楽器は新作楽器(〜数十年もの)に比べて繊細で管理が厄介(様々なトラブルのリスクが高い)ですから)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ