ココニイルコト

〜 love and peace 〜

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

35歳 オトコ 
建築を学んだ後、コンサルティングファームを経てMOT(技術経営)修了。現在外資系IT企業に勤務。
メール
ブログへのコメント、トラックバック大歓迎です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヒロシ
>マイ
そうだね、正義をふりかざすような事してないもんね。
まさに純文学的だわ。
マイは前だけをみて歩いてるのね。

>うらさん
解説、けっこう楽しめますよ。
投稿者:うら
>DVDには、数パターンのエンディングがついてるんですよ
そうなんだー! おしえてくれてありがとう。
ぜひ観てみます(^^)
投稿者:マイ
私もこれ意外と好きな映画だったな。
アメリカ映画だと「過去に遡ってテロを阻止する!」とか嫌にリアリティーの無い壮大なテーマになりそうなもんなのに、
好きな娘とその周辺でだけくるくる回る純文学的なとこがあるよね。

それにしても過去に遡りたいなんて思ったこと一回も無いわ。
投稿者:ヒロシ
>鈴さん
そうですね、無かったことになんて出来ないし
すればするほど傷口が広がっていくような気がします。

>せいのさん
背景かぁ、あまり考えてなかったけど、
監督の他作品とか見てみると何かわかるかもですね。

>うらさん
DVDには、数パターンのエンディングがついてるんですよ。
監督の解説付で。ご興味があれば、ぜひ。
「ダーウィンの悪夢」、観たいドキュメント映画です。
投稿者:うら
これけっこう好きでした。切ないラストも。
「あのときに戻りたい」願望って普遍なテーマですよね。
「カオス」って最近なんだか縁のある言葉なんです。あのときのあの選択がどんなバタフライ効果をうみだしたかって考えるだけでもちょっとゾクゾク。
そういう意味で『ダーウィンの悪夢』も気になりませんか?
投稿者:せいの
面白そうですねー
私は、過去・現在・未来が同時平行で進行する考え方に共感しているのですが
この映画は、どんな考え方で作ってるんだろう??と
これを作った背景に興味があります。
投稿者:鈴之助
これって、なかなかブラックな作りで面白いですよね。上手く行かなかった事実は、変更してもやはり上手くいかない。
そういうもんかもなーと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ