ココニイルコト

〜 love and peace 〜

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Profile

35歳 オトコ 
建築を学んだ後、コンサルティングファームを経てMOT(技術経営)修了。現在外資系IT企業に勤務。
メール
ブログへのコメント、トラックバック大歓迎です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヒロシ
希望ってなんだろう、という事を考えさせられる映画ですね。
結果がわからないから、掴む事ができないから希望であり続けるのかもしれません。
深いテーマです。
投稿者:Ma
 当方も観ました。
 全ての事実ベースで息子が死んでいることを理解しながら、死んでいない可能性の事実を得てその希望を持つことで、初めて落ち着く。
 ということで、一般に「希望は補助線」であり、希望があることでようやく厳しい現実に立脚できる、という印象を得ました。
 そうすると、この後、厳しい現実が明確となった場合でも、補助線である希望は取り外し、そのまま現実を生きられるのかな、というような。
 それにしても、アンジョリーナ・ジョリーは目が大きいですね(^^)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ