2007/3/26

倉敷旅行 前編  倉敷旅行

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋を10時すぎののぞみに乗りお昼には倉敷到着です。
青空も出ていて、暖かいです。

クリックすると元のサイズで表示します

到着してまずはお昼ごはんです。
駅から5分ほどのところにある、
蔵ぷぅ〜ら
明治初期に建てられたという旧家を改装して作られた
「和膳 風」でいただきました。
お手ごろなお値段でとてもおいしいお料理でした。

http://www7.ocn.ne.jp/~kurapura/htm/fuu.htm

クリックすると元のサイズで表示します

阿智神社
阿智神社のある鶴形山もかつては小島で、応神天皇の時代に百済より渡来した阿知使主(アチノオミ)の一族がこの地に住みついたのが、その名の由来といわれています。

水夫、漁民の祖神として、あるいは海上安全の守護神として崇められましたが、江戸初期の干拓後は倉敷の氏神として妙見宮と呼ばれていました。
そして1869年に元の名前に戻り、現在に至っているそうです。

ここには樹齢五百年といわれる藤の巨木があり、岡山県の天然記念物に指定されています。5月ごろは見ごろでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

絵馬殿の絵馬

絵馬殿の天井を見ると方角を表す干支の絵馬がかけられています。
この絵馬を見ると気がつきますが、「子午線」というのは北を表す子(ねずみ)と南を表す午(うま)を貫く線だからだそうです。
心地よい風に吹かれながら倉敷の町並みを眺めていました。



クリックすると元のサイズで表示します

本町
昔ながらの庶民的な雰囲気の漂う町並みとなっています。


クリックすると元のサイズで表示します

倉敷アイビースクエア

赤いレンガと蔦の葉が印象的な「倉敷アイビースクエア」。
元は明治時代の倉敷紡績の工場を改築してホテルになった。
「蔦の広場」という意味の通り、2階までの低い建物に囲まれ、市民の憩いの広場があり、その周りにホテルやたくさんの施設が広い敷地内にある。


クリックすると元のサイズで表示します

倉敷アイビースクエアの敷地の中にある昔の蔵です。

クリックすると元のサイズで表示します

倉敷美観地区は、江戸時代の天領の名残りをあちこちにとどめた、風情あふれる白壁の町です。
美観地区の真ん中を倉敷川が流れています。




クリックすると元のサイズで表示します

大原美術館

http://www.ohara.or.jp/

ツタにおおわれた石垣、門を入るとロダンの彫刻の像が迎えてくれます。
エル・グレコの「受胎告知」、モネの「睡蓮」など世界的名画が、間近で鑑賞できる
隣接して、分館、工芸・東洋館があります。

クリックすると元のサイズで表示します

エルグレコ
壁を覆う緑のアイビーは、5月頃が一番きれいだとか。
いまはまだこの状態です。


クリックすると元のサイズで表示します

倉敷春宵あかり 3月21日〜25日
まりあんが行った25日、イベント最終日でした。
白壁に川辺の柳並木が映える倉敷川、歴史的な町並みが続く本町筋、静かな佇まいの裏路地周辺そして格調高い新淫園など文化の香り漂うエリアが温かくて優しい灯りで幻想的な空間に生まれかわります。
春宵の倉敷をゆっくり散策して楽しみました。



クリックすると元のサイズで表示します

川舟あかり
灯りで装飾された川舟がゆっくりと倉敷川を行き交います。

クリックすると元のサイズで表示します

裏路地のぼんぼりあかりの会場
美観地区の裏路地は表通りとはうって変わり、思わず吸い込まれるような静寂と時がとまるような緊張感に包まれる迷宮のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

なまこ壁の土蔵群と本瓦葺きの町家が立ち並ぶ、美観地区の魅力を代表する裏路地。

クリックすると元のサイズで表示します

桜のぼんぼりで時が静かにとまるロマンチックな雰囲気漂う裏路地。

クリックすると元のサイズで表示します

桜のぼんぼりあかり。

クリックすると元のサイズで表示します

美観地区夜間景観照明。
日本における照明デザインの第一人者「石井 幹子」さんによる景観照明。
美観地区の町並みがほのかな明かりで包まれ、まちが幻想的に浮かび上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

柳の木の新芽がかわいく風にゆられてました。


クリックすると元のサイズで表示します

倉敷美観地区にしっぽりと溶け込んでいて、思わずシャッター切っていました。
0
タグ: 旅行 倉敷 岡山



2007/3/28  0:35

投稿者:ミセスN

懐かしい写真の数々、ありがとう!
アイビースクエア、泊まりましたわよ(笑)
どうもsachikoちゃんと同時期くらいよ。
やはりいいね〜倉敷・・・写真の腕のせい?(笑)
また広島への道中で寄り道しませう。

まりあんの旅行っていつもラッキーではないですか?
このイベントも狙って行ったのではないでしょ?やはり君は女神だ〜〜〜(笑)

2007/3/27  18:52

投稿者:まりあん

sachikoさん、こんにちは。

さくらのぼんぼりかわいいでしょ。
何でできてるんでしょ??
さわっちゃいけないかなって(笑)
眺めるだけのまりあんでした。
ぜひ陶芸でチャレンジしてみてね♪

二十代のころの旅行とは確かにいろんなものを見る視点もみたいものも違いますね。
後半はチボリ公園です。
お花が満開でそれをみてるだけでも幸せでした。

温泉は明日からなんです。(爆)
またまた行ってきます。(笑)

http://moon.ap.teacup.com/nononokokoro/

2007/3/27  1:52

投稿者:sachiko

まりあん〜おかえりぃ〜〜〜〜〜^^
自分ちのレスせずに先にやってきましたぁ
お風呂上り、パックしながらでーす(笑)

まりあん的倉敷♪ 画像とっても素敵です〜
まりあんは風景撮るの上手だわ☆
子午線!!!お勉強しました♪
桜のぼんぼり、可愛いね〜
これは銅板か何かでできているのかな?
こんな風に陶芸でも出来たらなあ
明日試してみよう!!
二十歳代の頃に出かける旅行とは風情が違い、素敵ですね〜
後半、楽しみにしています♪
来週は〜〜〜〜〜〜
温泉ね(笑)


http://happy.ap.teacup.com/momentary/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ