2007/3/9

イタリア ベニス 1  イタリア旅行

ベニス 「水の都」として世界的に知られる観光地
大小数多くの水路が網の目のようにのびる「水の都」ベニス。
海に連なるラグーン上に栄えてきた都市です。
120を超す小島と400もの橋と170以上の小運河。
アドリア海へと通じる華やかな大運河もあります。



クリックすると元のサイズで表示します

水の都ベニスの鉄道駅はサンタルチア駅。

クリックすると元のサイズで表示します
サン・マルコ寺院
縦横の長さがほぼ等しいギリシア十字の形で、内部はビザンチン風モザイクがおおい尽くしています。828年に建築されたものです。
聖マルコの遺骨を祭るために建立された。

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいモザイクです。

ベネチア共和国時代の
富を象徴させる代物で歴史を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

サン・マルコ広場
ベニスの中心広場であり政治の中心、そしてお祭り行事の舞台でもあります。
朝一番なので、まだ人がそれほどいませんが・・・
ここがすごいことになるんです。

クリックすると元のサイズで表示します

サン・マルコ広場の時計塔
一番上には鐘があり、時間になると人形が鐘をつきます。


クリックすると元のサイズで表示します


高さ99mの大鐘楼。
ベニスのシンボルと行っても良いほどの存在。
鐘楼はベネチアの風景にめりはりを持たせてくれる赤レンガで出来た塔。

クリックすると元のサイズで表示します

ドゥカーレ宮殿
ドゥカーレ宮殿はその外観がとても美しいことで有名です。
14世紀の半から工事が始まり、15世紀に完成した建物です。
白い大理石を使った建物なのですが、ところどこで淡いピンクのも使われていて美しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

ドゥカーレ宮殿
宮殿の中庭になるのかな。
1797年までは総督ドージェの邸宅と政庁、裁判所が置かれていましたが、現在は、ティントレットやヴェロネーゼの絵画で彩られています。
大きな絵画に圧倒され、しばらく口が開いたままのまりあんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ドゥカーレ宮殿の「黄金の階段」。
ホントにキンピカでかなり圧巻でした。



クリックすると元のサイズで表示します

ベニスと言えばゴンドラ遊覧!

まりあんのゴンドラのゴンドリエです。
なかなかかっこいいでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴンドラからの景色です。
こんな狭いところを、ゴンドラが行きかいます。
荷物を運ぶゴンドラ、観光客を乗せるゴンドラ。



クリックすると元のサイズで表示します

絵葉書になりそうなこれぞベニスって雰囲気です。


クリックすると元のサイズで表示します

ゴンドラからみた、遠くに見えるリアルト橋。




クリックすると元のサイズで表示します

ゴンドラから見た、素敵なショット。




クリックすると元のサイズで表示します

マルコ小広場から、ため息橋に向かう道。
なぜかこちらから撮ったため息橋の画像がない・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ムラーノ島方面からの遠くに見えるため息橋。

ドゥカーレ宮殿と牢獄を繋ぐ通路として架けられた橋です。
総督宮殿と牢獄館とを結ぶための橋で、逃げられないように安全を期すため高い位置である空中に架けられた橋です。

牢獄から処刑地に引かれていく囚人が、この世との別れを惜しんでここでため息を漏らしたということからこの名前がつけられたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

大鐘楼の上の展望台へはエレベータで上っていきます。
お天気もよく、景色がすばらしかったです。


クリックすると元のサイズで表示します

大鐘楼の展望台より。
本当に水の都、海にある島なんだな〜と実感。

クリックすると元のサイズで表示します

大鐘楼の展望台からみた、サン・マルコ広場

クリックすると元のサイズで表示します

リアルト橋。
橋を中心に両岸にはお店がたくさんあります。

クリックすると元のサイズで表示します

リアルト橋の上から眺めるカナル・グランデはとても美しく、
あぁ〜ベネチアに来たんだなぁという思いに浸れます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕日に照らされ輝く、サン・マルコ寺院。

実際はもっともっと輝いていてすばらしかったんです。
うまく撮影できていません。

クリックすると元のサイズで表示します

ベニスのホテルのお部屋からの朝焼けです。
お部屋からの景色もすばらしく早起きしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

サンタルチア駅前です。
この日はカーニバル最後の土曜日でいろんな国からたくさんの人が訪れていました。
駅前からすでにこの人だかり。
サンマルコ広場までの道も人で埋め尽くされて歩くのが大変でした。
0



2007/3/12  11:38

投稿者:まりあん

reikoさん、こんにちは。
イタリアほんとお天気がよく恵まれてたんです。
たくさんの芸術作品を目にして、まりあんは言葉もでなく、口がポカーンとあいたままって言うのが現実でした。
ほんと言葉がでず、息をのむばかり・・・
もっともっともっと、時間かけてみたかった。
じっとそこにとどまっていたかった。
口が開きすぎて、いつものどが渇いていました。(笑)


http://moon.ap.teacup.com/nononokokoro/

2007/3/12  11:34

投稿者:まりあん

SHOKOさん、おはようございます。
SHOKOさんは、伊語もわかるんですか?
すご〜〜〜〜〜い。感心します。
芸術作品の前では、詳しくない私でも
口がポカーンと開いたままになってしまうくらいでした。
本当に圧倒され感動し言葉がでませんでした。
まだ続きます。また遊びに来てくださいね。

ayunさんにもしばらく会ってないな==
みなさんのパワーには勝てませんよ==。
それぞれみなさんすご=====いパワーもっていらっしゃいますよね。
みんあのパワーを私はた〜〜〜くさんもらって自分もパワーアップしています。


http://moon.ap.teacup.com/nononokokoro/

2007/3/11  8:10

投稿者:reiko

まりあ〜ん、空がいいね! どの写真も。
空が広々と高くて、青く澄んでいて。これがイタリアの空気か〜って感じ。SHOKOさんは懐かしい? うふふ 
ため息橋の名前の由来、重厚な石造りの素晴らしい建築、ほんとに歴史を感じますね〜。まりあんは何を一番吸収してきたのかな? またおしえてくださいね!

http://www.gallerybali.com

2007/3/10  21:46

投稿者:SHOKO

まりあんさ〜〜ん!
スラマッ マラーム☆
おっとっと、ここはイタリアですね?
vuona sela (ブオーナ セーラ)→今晩は。
伊語で確か・・。
先程は私のブログにいらしてくださって有り難うございます!!後でお返事させて下さいネ!
まりあんさんは、本当に素晴らしい写真を撮られるんですね!ため息の連続です!
こんなにイタリアの風景が眺められるなんて
なんて私、幸せなんでしょうか。
ベニスの流れる川の波立つ様子や、大きな建物や壁画も本当に見事に撮られてますよね。
素晴らしい!!!まりあんさんは本物に触れて来られたんですものね。羨ましいです。
私もデジカメに近いうちに挑戦してみます。今はブログで精一杯ですが・・・。
今回ayunさんと会ってきましたが、まりあんさんのパワーは素晴らしいと仰ってましたよ!
私もまりあんさんにお会いしたいです(*^_^*)いつか是非会って下さいネ。日本で?それともバリ?世界中のどこかで是非!


http://shokopon.cocolog-nifty.com/blog/

2007/3/10  17:55

投稿者:まりあん

sachikoさん、
ベニスは素敵ですよ==
ほんと一緒のツアーにいた新婚さんがうらやましかったよ。(笑)
サンマルコ広場では、みんなチュッってしてて・・・・
日本人には似合わない風景ですが・・・
外人さんはほんと自然でうらやましかったです。(笑)

http://moon.ap.teacup.com/nononokokoro/

2007/3/10  17:53

投稿者:まりあん

みなみさ====ん。こんにちは。
早速見ていただいてありがとうございま〜〜〜〜す。
うれしいです。
またみなみさん家にいやされに行きますね♪


http://moon.ap.teacup.com/nononokokoro/

2007/3/10  15:36

投稿者:sachiko

ベニス、素敵だなあ〜〜〜〜
サン・マルコ寺院も広場も歴史を感じますね。ホテルからの朝焼けはとてもロマンティックでです^^
大好きな人といっしょにいたら〜
シーツに包まって^^テラスからお日様が昇るのをカフェオレ飲みながら眺めているってシチュエーションがいいなあ♪(笑)

素敵なベニスをありがとう☆

http://happy.ap.teacup.com/momentary/

2007/3/10  7:37

投稿者:みなみ

一番乗り〜まりあ〜〜ん^^おはよ!

パソコン復帰あめでとう〜真っ蒼な空でお天気に恵まれてイタリアの写真がまぶしいよ♪

元気そうなまりあんさんを感じてくれしい朝です(^^)v

http://www13.ocn.ne.jp/~yumebali/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ