2013/10/10

西鶴一代女  メモ

西鶴忌新地に北と南かな(井原西鶴著「好色一代女」を読んで観る)

「好色一代女」は井原西鶴の四十五歳の時の作品であり、西鶴の一番あぶらの乗り切った時期に書かれたものである。
三年前に書かれた「好色一代男」の荒唐無稽さに比べると地味な作品ではあるが、その代わり当時の風俗が一代女を通してよく描かれている。
「一代男」が世之介という主人公の冒険譚であるのにたいして、「一代女」では主人公の女の名すらない。(映画では「春」という名になっている。)これは「一代女」の一人の人物を描くことが目的ではなく、当時の風俗産業?のあれこれを描き出すために便宜的に一代女の口を借りたに過ぎないと思われる。
当時の江戸、大阪、京都などの大都市の風俗の様子よく描かれている。
主人公の女ははじめ都で官女として仕えていたが早熟な恋心ゆえ宮中を追われて流転の生活がはじまる。
彼女は生きてゆくために自分の魅力を最大限に利用しようとする。
それは当時女性が独立して生きてゆくことの困難さを体験するものでもあった。
彼女は二十八の職業につくがそのほとんどがセックス産業であった。
それは『女性のために正当な職場が用意されていない時代、独立して生活せざる得ない立場に立たされた女性の悲劇』(新潮社刊「日本文学小辞典」)である。

この作品が溝口健二監督の手で「西鶴一代女」として映画化されたのは昭和27年である。
この年は黒澤明「生きる」小津安二郎「お茶漬けの味」新藤兼人「原爆の子」など後世に残る名作が次々に作られた年であった。
この時、溝口健二監督はいまだ戦後のスランプの中でこの映画を撮ることによりスランプを脱しようとしていた。
この映画は国内ではそれほどの評価を受けなかったが海外で高く評価されサンマルコ銀獅子賞を受賞した。
主演の田中絹代は当時43歳で、この映画のはじめの部分の娘役は少々無理があるにしても話が進むにつれて演技が光だし、後半部分の島原の花魁や夜鷹の演技また主人に復讐する女髪結いなどドロドロとした女のサガを見事に演じている。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ