2012/6/29

雲  詩歌

十夜月

たちのぼる南のはてに雲あれど
              照る日くまなきころの虚(おおぞら)

                           藤原定家



外寝して雲の流れを見てゐたり     修司


クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ