« 挽歌 | Main | 衣更 »

2012/6/2

短歌二首  時々短歌

短歌二首

年毎に来る鴛鴦に沼さびてただ静かなる午後のさざなみ
千年の時を超えたる少女いて夢を語りぬ「更級日記」


タグ: 短歌



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ