2011/2/24

劇中歌  俳句塚

劇中歌

春の夜の小さき嘘をつきにけり
朧夜の囁くやふな劇中歌
朧夜の梁より垂れる赤い紐
朧夜の二色の布で紐を縒る


*「朧夜」というだけでなんとなくそれらしくなるのは困ったことだ



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ