南風録ぶろぐ

 
(お詫び)2011年までの東京国立博物館に関する記事の中で、同博物館の画像情報アーカイブへリンクを貼ってあるものは、同博物館のページのつくりが変更になったので、リンク切れになり、検索ページが表示されます。

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

UNIQLOCK

リンク

   
 
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

支援

クリックで救える命がある。
 
東日本大震災後、一人ひとりの寄付/募金でできた放課後学校 / コラボ・スクール
 
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
 
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
 
   
 
特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい
 
いつでも、どこでも、誰かのちからに。NPOとCSRのポータル支援サイト - 4en.jp

掲示板

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ビア
「ママコノシリヌグイ」、拝見してきました。
かわいらしい花ですね。
でも、茎に棘がいっぱい!
これではオシリ痛いですよね。
投稿者:三日月湖
ビアさん、コメントありがとうございます。
> 普段目にすることができない植物
こちらでは、町外れの農村部へ行けば、ごく普通の植物だったりしますが。
「狐の剃刀」は、葉の形が、(床屋さんが使うような)剃刀の形に似ていることから名づけられたようです。花の時期には、葉は出ていません。
「臭木」は、根が残っていると毎年成長するので、見つけ次第、根こそぎ除去です。今では、切通しの崖とか傾斜地、耕作放棄地などで見かけることがあります。

カワイそうな名前といえば、昨年9月の記事ですが、
「継子の尻拭」
http://moon.ap.teacup.com/nanpu/259.html
投稿者:ビア
いつもながら、いろんな、普段目にすることができない植物のお写真を拝見できて、嬉しいです。

「キツネノカミソリ」なんていうものもあるのですね。
「臭木」はやはり臭気を放つと・・・
つい、「臭豆腐」をニオイと共に思い出してしまいました。
この頃では香港の街中で「臭豆腐」のニオイがすることはありません。
でも、良い香りも放つのですよね。
カワイそうに・・・こんな名前つけられちゃって・・・なんて。

「サルスベリ」が「百日紅」という当て字だという意味、なるほど中国らしいですね。
でも、ちゃんと「さるすべり」と打つと、「百日紅」って変換してくれるんですね〜。ビックリ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ