南風録ぶろぐ

 
(お詫び)2011年までの東京国立博物館に関する記事の中で、同博物館の画像情報アーカイブへリンクを貼ってあるものは、同博物館のページのつくりが変更になったので、リンク切れになり、検索ページが表示されます。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

UNIQLOCK

リンク

   
 
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

支援

クリックで救える命がある。
 
東日本大震災後、一人ひとりの寄付/募金でできた放課後学校 / コラボ・スクール
 
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
 
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
 
   
 
特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい
 
いつでも、どこでも、誰かのちからに。NPOとCSRのポータル支援サイト - 4en.jp

掲示板

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:三日月湖
はろるどさん。
はろるどさんのブログもいつも拝見させていただいています。
観山の作品も多くは知らないのですが、東京国立博物館で<白狐>を見たり、<木の間の秋>という作品を思い出したりして、光りの表現が西洋絵画に近いなあ、と思ったものですから。
投稿者:はろるど
こんばんは。TBをありがとうございました。
観山の光は全然気がつきませんでした。確かに彼の作品には独特な明かりがありますね。今度見た際には光の表現を頭に入れて楽しみたいです。

http://blog.goo.ne.jp/harold1234
投稿者:三日月湖
jchzさん。いらっしゃいませ。
「もと安宅英一氏の所蔵」って、中国・朝鮮陶磁の安宅コレクションの安宅氏ですか! 三井で開かれていた「安宅コレクション」は見に行かなかったのですが。

「大琳派展」までは、抱一を追いかけていたのに、今度は、其一のほうが気になり始めました。
投稿者:三日月湖
もかさん。はじめまして。
展覧会の記事は、ほとんど、備忘録的に、作品解説を写し書きしているところに、的外れな感想を書き加えた程度の内容ですが、またお越しいただければ嬉しいです。
こちらこそ、よろしくお願いします。
投稿者:jchz
こんばんは。山種美術館の速水御舟コレクションは、もと安宅英一氏の所蔵だったそうですね。鈴木其一の『四季花鳥図』でひときわ目立っていたヒマワリには、畠山記念館の『向日葵図』を思い出しました。などと、連想が縦横に走って、楽しい展覧会でした。

http://blog.goo.ne.jp/jchz
投稿者:もか
はじめまして。TBをありがとうございました。

下村観山と琳派の比較、「光」から読み解くお話が興味深かったです。

また、お邪魔させて頂きますのでよろしくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/pocoypoco/e/ab544c3bc7eaa2a22794b0fc8a9dd96e
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ