南風録ぶろぐ

 
(お詫び)2011年までの東京国立博物館に関する記事の中で、同博物館の画像情報アーカイブへリンクを貼ってあるものは、同博物館のページのつくりが変更になったので、リンク切れになり、検索ページが表示されます。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

UNIQLOCK

リンク

   
 
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

支援

クリックで救える命がある。
 
東日本大震災後、一人ひとりの寄付/募金でできた放課後学校 / コラボ・スクール
 
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
 
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
 
   
 
特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい
 
いつでも、どこでも、誰かのちからに。NPOとCSRのポータル支援サイト - 4en.jp

掲示板

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:三日月湖
あべまつさん、こんばんは。
風神雷神は、出光の時に行かなかったので、光琳以外は、初見! 今回は、重量感では、光琳、疾走感では、其一ですが、絹地による彩色の美しさで、其一のほうに注目です。
抱一<四季花鳥図屏風>があるうちにと思って、明日、2回目、行ってきます。
投稿者:あべまつ
こんばんは。
当方をご紹介下さり、ありがとうございます。それにしても凄い展覧会ですね。
私は頭の中が飽和状態で、すっきりと胃に落ちてない感じです。
そういえば、プライスコレクションは、良いところお持ちですよね。三十六歌仙の抱一の絵を見た気がして、探したら、やはりありました。光琳のそのまま模写に励んだことがよく分かり、其一が抱一のそれを前衛な軸に仕立てたのが驚きでした。そんなこんな私淑した系譜が並んで、くらくらしました。
また、後期いくつもりです。風神雷神がそろい踏みとなるので、大混雑でしょうけれど。
三日月湖さんはどれがお気に入りですか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ