2018/8/27

太字にさえしたくない。  

書いても(それ以外にたしかに言葉は不要なのに)、伝わらないことってある。


『ねたあとに』単行本のオビには「真夏に炬燵」と書いてある。
man「atsu」、kot「atsu」で韻を踏んでスムーズに響きすぎて、言ってることの異様さがすぐには伝わらないみたいだ。
「真夏に炬燵とな!?」大変だ、レジに持っていこう! ということは一切なかった(売れなかった。まあそれは、面白さが伝わってなお売れなかったのかもしれないが)。


どこで書いたか忘れたが、知人の「子供のころタイムカプセルに入れた、『20年後の自分に宛てた手紙』の文言を、20年近くたっても一字一句忘れずに覚えている」という述懐。
これすごく、面白いのだが、その通りに言っても、ぜんぜん分からない人がいる。


『いろんな気持ちが本当の気持ち』巻頭の「新幹線の前と後ろ」が、分からない人がいる。
ものすごく、面白いことを書いているのだが(分かるまで読み返してほしい)。



で、今日のムシバム。
クリックすると元のサイズで表示します

ついに今年、室内に常備された捕虫網
先のミドリヒョウモンはこれで逃がしてやったそう。

言葉もだが、絵面(えづら)も「面白い」。
虫取り網は−−買ってきたばかりとかでない限り−−こんなとこに置かれない。

あともう、補足しないどきますね。
11




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ