2018/8/24

続き部屋に思えない  

クリックすると元のサイズで表示します
これは、ええと、台所から居間に続く戸(ずっと開いている)から、トイレの方をのぞむカットです。映ってないが、この右手にはワイン色の冷蔵庫。

左手のパステルグリーンの棚は、壁にビルトインしているもの(という言い方で伝わるか)。
ここには瓶詰の砂糖とか紅茶のティーバッグの箱とかが置かれているが、存在感が希薄。
パステルグリーンは、最初の改築の時代の流行りの色だったのかな。

で、戸の奥で鏡がつってあるのが、ムシバムスポットの洗面台。
あの鏡の左手が風呂とトイレ。右にいけば「女の子部屋」(『ねたあとに』冒頭の図面と照らしてみてね)。

しかし、この写真の主眼は、居間の「いきなりの暗さ」だなあ。そんなにメリハリあるのか、という。昼でもこんなだ。

たとえば人んちの居間でおしゃべりしてて、トイレ借りるときとかの、その程度の移動でも、部屋から部屋に移るときに、気持ちが少し切り替わるものだ。
この家のツギハギには、そういう作用が「いちいち」ある。


……いや、この写真の主眼は上の方の蜘蛛ですよ、蜘蛛。





※トクホウ※
あ、今秋、ついにブルボン小林の新刊が出ます!
満を持しすぎ、五年ぶりの『マンガホニャララ』三作目、続報を待て!
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ