2016/8/29

二十億年の誤字  

先のブログに「『まだいて』です」とナゾのコメントをもらった。
どういう意味だろうか。


今年のムシバムときたら、たまにコメントがきても、誤字の指摘とか、「読みにくい」とか、ネリリとなるコメントしかなく、ハララがキルルしていたのだったが、なんだか分からんが嬉しいコメントっぽいぞ。

そうかそうか、「まだ」山に「いて」、ムシバムみせてほしいのだな、そうかそうか。ありがたいな。
……と思ってよく考えてみたら、

そのときのブログで「駐車場に螳螂まだいるとのぐもり」という句を紹介したが、
「駐車場に螳螂まだいてとのぐもり」だといいたいのだと気付いた。

めちゃくちゃ、誤字の指摘だった。
ズコーステーン!


ええ、ええ、すみませんでした。
このブログに限らず、俳句の引用をよく間違うんだよね。
俳句の「覚え間違い」は、変換間違いなどとは異なる間違いだと思う。
心の中で、自分がよりいいと思う方、自然と思う方に推敲してしまうのだ。
作品が(勝手に)その人のものになっているというかね。


なんにせよ、気をつけます。


さてさて、北軽井沢マッハお越し下さった皆さんありがとうございました。
おかげさまで無事に終了(音声の聞き取りにくい席が発生してしまったこと、お詫びします)。
今日は一日寝てました。虫の写真も撮れず。



豊崎由美さんがたいそう会いたがった「バター柔らかくし器」の博士の愛犬クロエ。
クリックすると元のサイズで表示します
後ろのボロ布はクロエが噛んだのであって、我々の使い方のせいではありません。
明日はクロエにまつわる話を。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ