講師の方々の新歓コンパ  



「蜷川学長とおはなししましたよ」

 昨日は桐朋学園の芸術短大の講師の先生方が集まるパーティーでした。
   蜷川学長さんが、最後までのこられていました。
    はじめてこの会に参加させていただいたのステージクリエイトが立ち上がったとき。
    そのとき、蜷川さんはとっても忙しそうというか、大変そうでした
    でも、昨日はとってもゆったりなさっていてとってもいい感じ。。
    けさ、ふとテレビを見ると蜷川さんのお嬢さんが映画監督。。うん!にてるうううう。

   3月の智恵子抄をみてくださった、教授の方々が声をかけてくださいました
    副学長さんも、見てくださったようです。。
    
     ある、教授のかたはフランス在住。講義でシャンソンの歴史を取り上げているんだそうです。フランス語の曲の題と、邦訳の内容があまりに違うから曲を探しにくいのだそうです
    なるほどです。。
     例えば、ジュスイマラッド(カタカナですみません)これは「私は病気」ですが
      邦題が「灰色の道」
      ほんとデスよね。。

      その教授先生がいろいろ面白いことをおっしゃってくださいました。
      例えば、氷川きよしさんがあと30年したら
      すごくいい、シャンソンを歌ってくれうだろうと。
      私もそう想うのです。日本語をうたうってこと
      それは演歌ですもの。。
      モンデンモモもそのことをスゴく今考えています。
      そして世の中のニーズも変化していると。。
      そうそう、だから「まないた」なんですよ。。
      またどなたかが「意味がわかんんあああいい、わかりたああい」と騒ぐかな。

      たとえば、何かを極める人はじっと極めなくてはいけないんです
      そして、そのタイミングが来たらしっかり乗れる準備をね。

      そして、またモンデンモモの仕事としては
      原石をみつけて、決して無理にではなく何となくその可能性を
      引き出すこと。
      でも、このごろ想うのは、21歳という大きなハードルがあるのだなああと。
      だから、うまく乗り越えられて夢を見続けて、がんばれるかなって
      そうそう、モンデンモモ的にもそんなことがあったかなああ。
      なんてね。

      うん!とにかく、毎日いろいろあります。
      すっごく、刺激的です。。

      そうだ!昨日のピラティス。。結構、効きました
       しっかり腹筋!!インナーマッスルです
       今日は、朝のパワーヨガしてきますよ。。
          えいやああ!!!
      そして、川島さんとデュエットの練習ですね
        たのしみ!!そうそう、はうロマンティクシリーズのジャケット国内向けも
        出来てきますね。。わあああああい。
     
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ