智恵子さんの相聞  



 「うううう、すごい」

 智恵子さんの生涯と紙絵、北川太一先生のご本を読み出していたら、そのまま、夜中をこえてしまいました、
   ああああ。。言葉が在りません。智恵子さんの病気についての光太郎さんの言葉
   切り刻まれるようです。

    そのまま、その本を持ったまま少し眠りました
    すごいな。
    北川太一先生は、山ほど嵐のような、智恵子さんと光太郎さんへの思いをもって
    私達を優しく見守ってくださる。
    日本女子大の附属中学の子たちに、レモン哀歌をお教えになるのも
    凄まじ思いを十二分に味わいながら
    そこから、私に話してくださるそのお言葉は
    光太郎さんの言葉のことでした。。

    毎日いろんなことが在ります。自分のみに起こったことなら
    どんな傷でもまだいいのかな?
    いろんなことがあった昨日でした。
    
    がんばれ。。としか人はいえないですね。
    でも、きっとそこに、私は涙の在る人になりたい、、なりたい。。と
   
    だからこそ、何かいいことがあった時は、感謝が必要なんだ、どうしても。

    もうすぐ、桐朋学園の智恵子抄。本当に心から
    丁寧に。つくずくそうおもいました。

     うん。今日も一日頑張りましょうね。。

    少し、心がおもたいときこそ、じっと見つめて
    でも、モモタはすっごく強くなりました
    お菓子ライブは、やはり「勇気」を聞いてください。
    稲田姫は、清い愛で、スサノウへまっすぐ見つめた。
    きっと、いつ何時も、何かを教えようとして神様がわたしたちにいうんだよね
    
      少し見えてきました。
      それにね、今歌いたいです、すごく、、、
      それによって、何か分かります。

       うん!!ふぁいとだああああああああ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ