本を読む事を再開しました  読んだ本

ヴィキッドがオズの魔法使い 第二の解釈とみて
 もう一度オズの魔法使いを読んでみた

 読みやすい。どうしてかな?とおもうと その設定が自分の都合でないから
 もちろん訳をするかかたの礼節と品格もすごく左右する
 訳をなさった方の経歴を見ると 同じ年。
 それもフランス語の訳もなさるかた。
 なああるほど。
 初めはもんきりがたの文末に 違和感があったけれど
 すっと内容に入っていける。

 知恵=頭脳が欲しいかかし 心が欲しい ブリキの木こり
 勇気が欲しいライオン

 だからオズに逢いにいく〜〜逢いにいく。

 この 概念がたまらなくすき。
 + 品性だったり 前髪チャンスを掴む 感性だったりする

 そのあと、今 ヴィキッドのの原作を読んでいる。
 下巻が手元になかったのでゆっくり
 ミュージカルには 何故 エルファヴァが緑なのかも多分ないだろう。
 今cdしか手元になく、歌の内容から類推してる
 シズ大学の場面からはじまっている。

 牧師の子供として生まれるが その母の情事の場面も書かれていて
 よけいなものがはいっている気がすごくしたけれど
 その後の母の運命のための布石だったのかもしれない

 なかなか内容にはいれなかった、嫌な文体だと
 中に入れない
 これではいけないと
 がんばり 入っていけた
 やはり面白い
 私の中のエルフィーができていく
 これが 人になり 日本人だとどうなるのかな?
 まあガリンダの金髪は想像はつく。
 パミュパミュばりにして行く事が
 いいことかも

 私自身の心の状態や環境が整わないと
 本当に本は読めない物だと
 つくずくおもう。

 昨日は、又ブックオフに本を持ち込んだ
 これで
 歴々と累々と見渡せなくなっていた
 私の周りの整頓がほとんど終了した
 あとはどれだけ
 深く本を読み 繰り返し理解し
 CDも深く深く聞き込んで行く事だと思う。

 ヴィキッドは、原作を読み込んでから
 ミュージカル台本に入ろう

  昨日はブックオフで ハリーポッター一巻を105円でかってきた
  これからゆっくり読み込んでみる。 
0
タグ: 歴史文学 文芸 昭和




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ