発声道場学生編  発声道場


 秋になってきたのですね。よく眠れちゃいます。

  昨日は、マダムのレッスンをさせていただいて。
  ほんとに素敵な歌声で私もうれしくなります。
  12月に モモの智恵子抄から「あどけない話」をライブでお歌いくださるので
  新しいCDの すこしお聴きいただきました。
  全く違う!!と喜んでいただきました。うれしいな。
  そしてニューバージョンでお歌いいただくように譜面をつくりますね。

  これからのモモコンサートはきっと凝ったシャンソンはあまり顔をみせなくなりますから
  逆にマダムから教えていただく事が増えるようなきがします。
  とにかく今シャンソン界はセミプロさんが号ゴージャスに大活躍です。
  でも、プロとセミプロの違いはなんでしょうね。

  やはり、不特定多数のかたに支持されるかどうかですよね。
  楽曲のよさだったり、声のよさだったり。

  しっかりと自分の資質と向きあって 世の中のニーズと中味をあわせていくことですね

   そんな事をかんがえながら、マダムのレッスンを楽しみました。
   いつも やさしさを一杯いただいて。本当にありがとうございます。次のお稽古は赤坂ですね。

   昨日は15:00から学生クラスをしました。
   いつも親子クラスの後にきてもらうのですが
   親子クラスも学生クラスも おかげさまで大人気になってきました、
   昨日から別の日にさせていただきました。

   久しぶりの土曜日開催でしたので
   都合が付かない人もたくさんいましたが結果的に丁度いい人数になりました。

   つかこうへいさんのところで今がんばっている ひかるくんも久しぶりにあいました。
   ますます身体がしまって  やせたあああって感じです。
   いつも燃えています。
   昨日はしょうへいくんもきてくれたので、男子同士会話に花が咲きました。
   面白いですよね。
   気がつくと22歳のひかるくんが一番先輩なんです。
   すこし前まで一番下だったのに。
   18歳のしょうへいくんが 自由奔放 すこしネコパンチ気味。。。。
   女の子たちの笑いをかっていました。
   ビジュアル2年のさきちゃんとなおちゃん
   ビジュアル一年からはじめてきてくれた ひとみちゃんあきこちゃん そして あいちゃんは二回目。
   桐朋からは かなえちゃん。
   みんな大きい人ばかりなのでモモリーハウスは満杯です。

   でも、ひとりひとりの細かい発声の直しも出来ました。
   そして、役者としての意識の持ち方も 会話の端々に ひかるくんがいってくれたり
   素敵な交流の場になっています。

   本当に人はその年代になってみないと分からないものですが
   声の仕事で本当によかったとおもうんです。
   その年代の よさが確実にでてくるんです。

   ものかんがえかた、感じ方 それと時間薬で
   大人になった時に違いが出てきます。
   からだの使い方もそうです。
   足の内転筋の使い方になりましたが
   ふくらはぎがぴったりくっつく足を創るんです。
   そうすると
   身体は固くならないんです。
   日常歩く事はなす事で ちゃんと運動に訓練になるんです。

   思い返すと、小学校からそんなことばかりかんがえていました。
   大学時代は、私たちは毎日最低2時間は練習をしましたよね。
   だいたい3時間4時間。
   おかげで声を壊したりもしましたが
   声帯の筋肉を訓練した事だけは事実です。

   それを十代にしたという事実は 後では創れない。

   今道程が流れていますが
   本当です
   めのまえに道はない〜〜

   今日はしっかり歌の練習をします。
   久しぶりに 「パノフカ」から声を起こしてみます。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ