機動画報日誌

『Mobile Graphix』ウェブログ

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
楽しみにしております。本当に楽しみです。
先日は文房具店でブックカバーコーティングも購入しましたし、運搬用のクリアファイルも大量に入手しました。バスチケットもゲット!です。すべては年末のために!!って感じで気分は大盛り上がりです。
投稿者:怒頭流
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん

デュライの顔がどうして他のガンダムと違うのかについて少しだけ本文で触れたつもり? なのでお楽しみにw ハーピュレイやフーリアがノーマルなガンダム面なのは前例のないデザインだったので比較検討されたのかも知れませんね。
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

>何故、顔が変わるのか?
 プロトΖもモチーフが明確になっているってだけで、なぜ頭部外観を変更する
のか?については誰も何も言ってませんから(*)、272に関してもその辺りが
明確にできるか否か、でいうと中々にハードルが高いんじゃないでしょうかね。


 *:Mobile Graphixでは「『Ζ計画』隠蔽工作の一環として、書類上はネモや
  ディアスとして製作したから」なんていう理由を《創作》しましたが。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
何故、顔が変わるのか?プロトZでは、何となくネモ、百式、ディアスというMSが先に存在していたからなぁって納得できました。ティターンズMK3には、さて、どんな理由が!?なんちゃって。冬コミが毎日楽しみです。
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

>ティターンズmk3の仕様違い
 『プロジェクトΖ』の時点ですでに2バージョンあったりしますからねェ。
《準備稿≒プロトタイプ》論法で考えるなら、3機あるうちの2機で差異が
ある以上、残り1機もさらに別バージョンとして存在する可能性にも行き着く
訳で。

 ・・・・と、ここまで描いたこの期に及んで「天の声」が降りて来まして(苦笑)。
さすがに今回の原稿には間に合わない可能性が激高なんですが、近々でご覧
いただく機会が作ることができれば・・・などと考えております。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
近藤先生のZガンダムだとmk2も3機種ともかなり仕様に違いがあるということでした。なのでティターンズmk3もいくつかの仕様違いがあっても良いよなぁって思っています。
本日、お疲れ様でした。冬コミのカタログも12月9日発売みたいですし、とにかく、年末の新刊を楽しみにしています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ