機動画報日誌

『Mobile Graphix』ウェブログ

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:英 浩史
どうもです。

>カトキフィルターを外したカトキバーザム
 現状、具体的なデザインが固まっている訳ではないですが、あくまでもMk-2
の改設計量産モデルですから、Mk-2をベースとしたものとなるんではないかと。

>バーザムに影響を与えたMA
 バーザム脚部の特異性に何らかの意義を生み出すための創作設定ですから
構造的にもバーザムのものに近い形をしているはずで、アッシマーとは別の
ニューギニア工廠が独自開発した機体ということになろうかと。
 なのでMA自体の設定・デザインをゼロから構築する必要がありまして、
〈カトキバーザム 【非Ver.Ka】〉のことも併せて、一本の記事としてまとめ
上げるまでには、かなりの時間を頂くことになろうかと思われます。気長に
お待ちいただければ幸いです。どうも申し訳ない。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
実は私が全く想像できなかったのは、
カトキフィルターを外したカトキバーザム
という画なんですよ〜。
もう一つがバーザムに影響を与えたMAってのはアッシマーなのか、それとも全く別の機体なのか?ということですね
また、機会があれば本誌上で公開ください!
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
お二方、了解しました!
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

→怒頭流さま
 補足サンクスです。特にTV版バーザムの画稿がそのまま、怒頭流さんの記事
では〈サム〉になっているので、混乱に拍車をかけることになったかと。時間が
あれば、一部違うディテールがあるとか変化をつけておいてもよかったかな
とは、今さらながら思っております。

>原稿の方、もう少しお待ちくだされ
 了解です。よろしくお願いします。

ポルノビッチさま始め、読者の皆さまもご期待下さい。
投稿者:怒頭流
>ポルノビッチ・エロポンスキー様

呼ばれたような気がしたのでw

英さんの解釈ではカトキ版がプロトタイプで実際完成した量産型がTV版、一方怒頭流版はその逆なんですね。真逆の解釈が同じ誌面に載ってしまい混乱させてしまったようで申し訳ないっスm(_ _)m

>英様
原稿の方、もう少しお待ちくだされ&打ち上げではお世話になりましたm(_ _)m
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

>秋祭りに入った感じ
 私も次の記事の題材を決め、冬に向けての準備に入っております。

>今号のバーザムですが
 その通りです。カトキ版とTV版それぞれの立ち位置が、私と怒頭流さんの
記事でちょうど逆になってしまっているので、判り辛くなっているかも知れない
ですね、どうも申し訳ないです。

 私の記事では、ガンダムMK‐Uの量産型としてカトキ版が計画されていた
のが、諸般の事情でTV版で完成に至ってしまった・・・という見解なので、今後
バーザム開発史のようなものを扱うことになった場合、怒頭流さんの記事で
いうところのC型やE型なども、TV版をベースに描くことになるかと思います。
 また(あくまで私の記事内に限ってですが)カトキ版は初期計画案でしか
ないので、指揮官用のS型は存在しなくなってしまう(あったとしてもTV版
のスタイルにツインアイという、近藤和久版コミックに登場したものに近く
なる)かと。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
新刊を夜中に何度も読んでおり、私としては秋祭りに入った感じです
さて、今号のバーザムですが、
11pのそれは「初期計画案」
12pの上段右が実戦投入型
12pの下段は「バージム」
そして
19pが「サム」
ということですよね?
それ以外に読み取りようがないのでしょうが、
念のため、確認させてください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ