機動画報日誌

『Mobile Graphix』ウェブログ

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:英 浩史
おはようございます。コメントどうもです。

>可動範囲が狭いというのは辛いですね
 プラモの場合は「作る楽しみ」もありますからね。それがたとえ素組みでも、徐々に
出来上がっていく過程で、軽い感動を感じる時もありますし。
 (塗装済み)完成品フィギュアでも、(ギャル系に多い)関節無可動のものなら
最初からそういう期待はしませんけど、せっかく関節が動くのに、あまり自由なポーズ
が取れない、というのはちょっと・・・ねぇ?

 次のGFFはゼッツーでしたっけ? また何かとのコンパチなんでしょうかね。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
高額な商品の感想とかは、やはり、解っている人が書いた文章を読むのが一番ですね。
そうですか。GFFは飾って楽しむものですか・・・・。プラモ発売が絶望的な商品を立体化してくれているのは嬉しいのですが、やはりMSは遊んでこそ!という人間なので、可動範囲が狭いというのは辛いですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ