機動画報日誌

『Mobile Graphix』ウェブログ

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
30年以上前からですか!?
しかもまだまだ残された
色々なネタが沢山あるのですね。
楽しみです。
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

>百式甲・乙・丙
 名称も含めたコンセプト自体は30年以上前からあったんですが、なかなか言及
する機会がなかったんですよね。
基本的には剣宮師の(ダブルEも武田師の)持ちネタなので、部分的なデザイン
やギミックなどの案というか構想が無いこともないんですが、安直に手を出す
訳にもいかないという事情がありまして、ご覧いただける日が来るのかどうか、
というレベルで「詳細未定」になります。どうも申し訳ないです。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
《見栄えがしない》

の件ですが,タイラントソードのGM2という
機体がGMの外観に似ているだけで命名された
という設定が好きです。

新刊をコツコツ読んでいます。で,非常に懐かしい,そして,謎に包まれた記述を発見しました。百式甲,百式乙,百式丙ですね。読者参加型MSデザイン企画だったと記憶していますが,その時以来の再記述ですよね!?いったいどんな機体なんだろう!?と長年思っていますが,それが公開されるのは「いつの日かと 夢みていた〜〜」訳ですが,もうちょっと続くんじゃでしょうか?でも,今号ではEEガンダムの隅塗り(センチネル予告編)が見られましたし,いつものように「新刊が楽しみです」ということで。
投稿者:英 浩史
コメントどうもです。

>この機体もHGUCで再現
 そのとき最も問題になるのが、GM、GM改、GMU、GMVを並べても変化
が少なくて《見栄えがしない》ということだったりしますが(苦笑)。

 いや、単体のメカデザインとしてのカトキGMはモスト・フェイバリットの
ひとつではあるんですよ。ただ他の作品(に登場するメカ群)との整合性という
か、一連の流れにそぐわないのはちょっと・・・・(汗)と思う訳で。
 映像作品なり(『ガンダムA』掲載の)コミック作品なりの、送り手側から
したら視聴者サービス的な意図があるのかも知れないんですが、ひとつの画角に
大河原GMとカトキGMが並んで描かれていたりすると、個人的にはゲンナリ
してしまいます。その辺りが、自分が『08小隊』を評価できない、ひとつの要素
だったりするんですよね。
投稿者:ポルノビッチ・エロポンスキー
GM改,良いですよね。この機体もHGUCで再現することは可能ですから,心も弾みます。GM→GM改→GMU→GM3という流れも,このGM改ならスムーズに納得できます。モビグラで好きな機体の1つです。
そう言えば,今日,RGでジオングが出るとのこと。今,発売されていたら今日これから買いに行くのは間違いないのですけど,発売までに気が変わりそう・・・・・。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ