2021/11/1

HappyHalloween!  J2情報 2021〜

  いつも拍手をありがとうございます☆


 一日遅れでHappyHalloween〜ハロウィンハロウィンハロウィン






 残念ながら新たなハロウィンshotはPada家からちょっと出ただけです(^^ゞ
 美人魔女とcute魔女さんですね( *´艸`)




 致し方ないのでtwitterより過去のHalloween集を・・・
















 他にネタもないのでこれを取り上げますよ。
 過去PopsugarがまとめたJ2の「BFF Evolution」(進化した親友関係)の発言一気書きしまーす!


 Jen「Jared Padaleckiほど一緒に時間を過ごした人間は他にいない。俺たちがTVで兄弟を演じるという事は容易かった、なぜならカメラの外でも兄弟のように感じてるから」

 若Jar「僕はジェンセンに会ったことがなかった、それで会ってすぐにどちらもTexas人で、カントリーミュージックを語り、トラックを運転して犬のことを話した。僕らはお互いのボタンが分かってそれを押すんだ。ああ、彼はクールな男だよ」

 若Jen「ヤー、彼はちょっとベイビーだ。俺は彼が俺の手をつかもうとするたびに叩かなきゃならない」(←ジャレッドが怖がった時の話)

 Producer「ケミストリーというのは製造できないものだ、それを彼らは持っていて、ライターたちは彼らのために書くことをとても喜び楽しんでいる」

 Jar「ジェンセンはおれにとても惚れて、だからおれはそれを試してみようとしてるんだ。俺たちは実際に今一緒に暮らしてるよ、夜も12時間いたセットから帰ってきて、『ギター弾くか?』『いいな』みたいな感じだ」

 Jar「おれたちは最初から仲が良かった。でも今十分に経験を経て、おれたち一生の親友だろうと思っている」

 Jar「Acklesは『ああおまえ、何かついてるぞ』って感じで手を伸ばし、おれはこんな風に(手を嘗める)」
 Jen「どちらのワイフも『あなたたち何なの?』と」
 (J2夫妻で食事した時の話)

 Jen「俺は彼をJ-RodとかJ-Padとか呼ぶ。ジャレッドは俺をStackと呼ぶんだ」
 Jen「俺たち一緒に長くいすぎてる」

 Jen「サンキュー、バディ」
 Jar「ヤー、サンキュー」
 Jen「ずっと楽しい道のりだ」
 Jar「ファミリーのようだね」

 Jen「友人と共に仕事に行く、親愛なる友人で最高の友人だ、それがどんなに特別なことか。彼は俺の人生におけるBestFriendの一人だし、永遠にそうだ」


 わたくしはこういう二人を見てきて「実は仲が悪い」とか「ジェンセンはM氏といる時の方が幸せそうだ」とかいう輩が本当に信じられないんですよ。いやまあ、わざと見ないようにしてるんでしょうけどね。

 どちらもお仕事で残念なことが起きているので、ConやWalkerでの一緒のお仕事を楽しんでくれるといいな〜と願ってます( ^人^ )



 よし、今日はこれにて(=゚ω゚)ノ






7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ