2021/10/31

DenverCon 2021-5  2021 Event

  いつも拍手をありがとうございます


 肉体労働疲れの兄弟をtopに貼る〜(^◇^)



 今日はハロウィンですが、向こうが31日になるのを待ちたいと思います!





 Pada夫妻がMitchさんたちと寿司バーにお食事に出たようです(*^-^*)



 昨日のLindseyさんの投稿に続々とコメントするcastたち。
 特にジャレッドのコメントを見ると、やっぱりLindseyさんが降板した個人的理由は健康問題なのではないかな〜〜?・・・と憶測してしまいます。
 「君がどこにいようが、マジでやっつけることを疑ってないよ」という感じかな?





 ジェンセンのPanelを見ると切ないので、まずはと手を付けつつ時間がかかったジャレッドSoloPanel解読やっと終わりました!




 久々に書きますが、表示される字幕とチープなヒアリングによるなんちゃって解読です。
 一部省略しつつなるべく端的に書いたつもりですが、間違い勘違いに気づいた方は教えてくださると助かります<(_ _)>

 
 ジャンプで登場のジャレッド、あいさつの後、椅子の座り方をジェンセン風にやるかジャレッドでやるか、真ん中で行こうと横座り(笑)
 結局いつも通りの椅子の背を前にする座り方。
 自分はちょっと縮んだ?から、君たちはanklesを見ることになる、Pada Anglecki(発音微妙)みたいなこと言って最初のrimshotゲット!
 
 大喜びの間に次々rimshot貰ってBestConventionだ!←www
 
 質問に行く前に「Your so pretty!」の叫びが聞き取れなくて、みんな一緒に言って、と発言して会場から「あなたとても可愛い!」の合唱!
 
 ・最初の質問者は妊娠中で、性別を自分はわかってるけれど母と姉妹は知らないから、メモを開いてジャレッドが知らせてくれないか…と依頼。
 ジャレッドは「girlと2boys」とふざけたあと、boyと知らせます。(質問者ずっこけたらしいw)
 
 ・GenとWalkerで演技することについて
 素晴らしい。彼女を誇りに思う・・・と話した後、Tom & Shep兄弟と一緒にWalkerのpilotを見たことを語ります。
 半分くらい見たところでShep君の姿がなく、Genが木の後ろに見つけたら「ダッドがproducerなのにどうして殺されたかったの?」と泣きながら言ったそう( ̄▽ ̄;)
 
 ・ディーンとサムが同じ女性に興味をもったら、サムは兄に譲るか? それとも彼女を獲得しようと争うか?
 「サムとディーンはとても礼儀正しい男たちで、彼女が兄弟どちらにも興味を持っていたとしたら、彼女はおれに興味があったんだ(笑) それからおれはスイートポテトフライのランチに誘う。Genにした本当の話」
 
 ・年配と思われる質問者、Denverにお住まいで10年前死に関わる病気で入院していてベッドでサムを見て、「あなたが私を連れ戻したと思う」と言ってます。
 ジャレッドは「あなたが自分で人生を取り戻したのだと思う。それはあなたの強さだ」とお礼と共に返してます。
 質問はFrenchConnectionと言ってるけれどジャレッド含めて全員がFrenchMistakeと認識。どれくらい実生活に近いか?
 完全に同じ…とジョーク言った後、全く違うよ、日焼けベッドやアルパカは持ってないと。
 実はWalkerでアルパカが登場するんですが、世話人がアルパカは牛や馬を買うより高くつくと言ったそう。
 Genとジャレッドの同じ絵が家にあり、サムがカウボーイハットをかぶって馬に乗っているのはガレージのImpalaの隣にあると既知情報を説明してます。
 
 ・兄弟は経験多いハンターなのになぜ実用的な武器を使わずいつも壁に投げ飛ばされるのか?という今更な質問。
 武器に関しては「ゴム付きみたいなの? おれたちチャレンジしたいよ」と応じ、壁に投げられることについてはガースことDJが何かアンケートとって云々言ってる意味がよくわからないけど、要するにJ2のようなでかい人間を投げつけることがcoolに見えるからというのがジャレッドの推測…と言ってる気がする。
 (要するに工夫できずに繰り返しパターンのアクションで兄弟を強く見せられないライター陣の貧困さと都合ですな)
 
 ・Walkerの内容についての質問。
 Walkerの子どもたちがCordellに対してある秘密を持ってることが展開で描かれたけれど、それについて今後触れられるか?という質問に、いいや、サムとディーンが死ぬまで秘密にしたことがあるように、姉弟もそうするだろうと言う感じ。
 
 ・今20歳で10歳の時にSPNを見せたというお嬢さんと来た質問者、フェイクであるshowを子供に見せることについて。
 ジャレッド曰く子供によるし、個性しだいだろうと。今はiPadやらなにやら個人で見られるメディアが多いし、準備しないうちに何かを見てしまうこともある。
 Tomは平気だったけどShepは父に似て感情的な子で、母が隣にいるのにWalkerで死んだこと傷ついた。Shepはまた真ん中の子で、ジェンセンも真ん中の子だ(←必要な情報だろうか(笑))、あなたの娘さんが二十歳になって、おれたちがPTSDを与えてしまってたらごめんなさい(←)
 「ヤー、その子しだいだ、時に彼らはパンデミック中にロード・オブ・ザ・リングを見て眠ろうとしない」
 Odetteちゃんだそうです(笑) どうもゴラムにハマったらしい( ̄▽ ̄;) 4歳の選択、本当の話だそう。
 
 ・Walkerのキャラクターについて、どの映画にインスピレーションを得たか?
 お父様が古いマカロニウェスタンが好きだったそうで、Leon、ブッチとサンダンス(明日に向かって撃て)、ハンソロなどに言及しつつ、結局scriptを読んで頭に浮かんだイメージと、乗馬やショットガンやこれまでの経験からキャラを作ってると言ってるようです。
 「おれたちのところに一人の監督がやってくる、おれはちょっと乗馬なんか望まれてると知ってるよ(ウィンク)」
 よろしくお願いしますぅ(≧∇≦)
 
 ・S15での好きなエピソードは?
 ジャレッドは一番見ないだろうけれどfinaleだと答えてます。
 サムもディーンも15年半演じてきたのは名誉であり喜びだったけれど、コロナで半年の休止の後でジェンセンとも話したけれど、彼らは軽くて容易いエピソードを与えてくれない。ライター、プロデューサー、StudioNetworkたちはおれたちを信じてくれてる、カメラの前でエベレストを登れみたいな(ことをやらせる)。彼らは出来ると思ってる、じゃあやろうと。
 Finaleは最も見るのが難しいけれど、自分の心に深く残るエピだそう。
 質問者のお気に入りがLast Holidayだと聞いて語った話。サムのバースデーを祝うシーンで、テイクのたびに1ピースカットするからケーキが3つか4つ用意されたんだけど、撮影は早く終わってケーキが残り、当時ジャレッドはマラソンのトレーニング中で20マイルとか走ってる時で、撮影の合間にケーキを食べ続け、1ホール余ってたのも持って帰る?と言われて「Yes、Yes」と家に持ち帰り36時間で食べきった(笑)

 ・SPN以外で雇用されてなかったけれど、今は別のWalkerに移って引き続き成功していることをどう感じているか?
 「そう、だからおれは雇用する側の一人にならなきゃいけなかったんだ(←www) おれはThe Boysから連絡来なかったからね。ヘイ、おれはTexasのAustinでの雇用を手助けできるよ、ジャレッドって男なんだが、みたいにね。(おふざけはやめて)いや、ありがとう。SPNにおいておれたちはずっとファミリーで永遠にそうだろう。ああ、お互いを知っていてファミリーだった人たちではない(新たな)職場でどうすればいいのかわからない。おそらくAcklesへのよい質問になると思う。彼は既に出来上がってるセットに行ったからね」
 質問者が「聞いてみる」と言ったのか「聞けなかった」と言ったのか聞き取れないけどジャレッドは自分が訊いて報告すると言ってます。
 Walkerでは別のFamilyを築くことが出来て楽しめることを喜んでるそう。
 
 ・次の質問者はジャレッドのメンタルヘルスへのサポートに感謝を述べた後、質問はもしガブリエルがS15まで兄弟の周りにいたらどうなったと思うか?
 頭に浮かんだとしてThe Neked Gun(コメディ映画)スタイルのSPNをリチャードたちと綴った話をするジャレッド。
 思うにトリックスターの時のようにちょっと謎めいていて、結局のところ兄弟を助けてくれるだろう…と言った後、良くも悪くも(Walkerに)監督として彼を保持する必要があるとまとめます。
 
 ・お父様をSPNにハマらせたという質問者、今彼はジャンルにハマってるからおすすめ出来るパラノーマルshowは?
 ジャレッドは見て育ったとして“Twilight Zone”、“X-Files”をあげて、ミッチ氏との共演に言及。“Firefly”と、パラノーマルとは言えないかもしれないけれどスタートレック。
 実際のところジャレッドは今は子供たちと一緒にPaw Patrolとかアニメばかり見てるらしい。
 
 ・21歳になったお嬢さんにHappyBirthdayを言ってほしいと言われてハッピーバースデーを歌う。〜25:48〜

 ・一番最初に覚えている記憶は?
 「数百万相手にレースして泳いでいた」
 と答えてrimshot貰うジャレッドwww これ以前も同じ質問に同じ答えしてました・・・わかる人だけわかってください(*ノωノ)
 会場に謝った後、まじめな答えは妹さんがベビーベッドにいるのを見たことと言ってるかな? 3歳ころだろうと。


 ・身長が5,1だと言う人からそんなに背が高いのはどんな風か?
 衣服を買うのに苦労する、皆が良く見えるのでフケの有無を見ている(←やめて〜)
 
 ・気まずいかもしれないけれど得意なことは?
 「もしエイリアンがやってきて…」と始めて何の話?と思ったら、任天堂64のSuper Smash Brothersのことでした(笑) ものすごく時間を費やしたそう。
 会場から何か叫ばれて(ポケモンかな)「ピカチュー? カモン…ピカー」というのが可愛い〜31:50
 
 ・キャラクターとしてのサムを本当に理解したと思ったのはいつか?
 それは段々とで、エレベーターではなく梯子だった。step by stepだけど正直なところSacrifice(S8-23)かもしれない。サムは兄を落胆させたくなかった、それはサムのそれまでの行動に理が適う。Pilotでサムがディーンと一緒に行きたくなかったのは、彼の中の一部では兄を落胆させたくないという思いを認めたくなかった、意識的だろうが無意識だろうがサムを動かす支えの要だったように思う。

 実に良い解釈だと思います!

 ・カラオケで歌う曲は?って聞いたのかな?
 ジャレッドは19か20歳あたりにLAで“Aaved by the Bell”という番組のcastと出くわして以降カラオケに行ったことないらしい。
 曲についてはいつかに取っておくと。
 
 ・シニアの時のyearbookのquoteは?
 「I thought I was wrong once but I was mistaken.」
 ついでに語ったよく言及する好きなquote
 「pain is mandatory suffering is optional」(痛みは必ずあるが苦しみは任意である)
 
 エレメンタリーの先生をやってる人が、子供たちがパンデミック下でヘイトも広がり生徒たちに影響している中、明るい気持ちになれるガイダンス等アドバイスを求めてるんだけど、ジャレッドに訊くべきことじゃないだろうと思うのでパスします。
 (ジャレッドは出来るだけ誠実に答えている)
 
 ・どのバージョンのサムが好きか?
 ダッドのサム、ソウルレスサムは一番没頭して楽しかった、トラストファンドのサムも楽しく演じた…と言いつつ、やはりソウルレスが一番印象に残ってるらしくて、soulを失くしたことがないからどう演じたらいいかわからない、自分は数学が好きだから計算式を取り入れたそう・・・つまり一人を殺して多い方を救うというやつですね。

 次も自分に自信が持てない時の対処法を聞いたMentalHealthについてなのでパス。
 
 ・4歳の孫が悪夢を見るので兄弟の枕を与え、兄弟がモンスターを追ってくれると言い含めたそうで、お礼を言うと約束した…と語った質問者、S7のShut Up, Dr. PhilにゲストしたJames MarstersがConで長いセリフをJ2に邪魔されたと言ったそうで、J2側からの話を聞きたいと。
 「Jensenだと思う」といない人になすりけるジャレッドw 
 James氏はジム・ビーバー的な俳優だ(なかなか笑わせられない)というジャレッド。オナラしたかも、ジェンセンが…などと言ってるがJaredだろうな。
 SPNの撮影は楽しく素晴らしいけれど撮影は長いから、何か気を紛らすことが必要で、J2はたくさん色々やったと語り、具体的には覚えてないそう。
 
 代替ハイスクール(たぶん特殊学校とか通常のカリキュラムではない学校…仮釈放という言葉が出てる)で先生をしてる人が、showにおけるサムのように感情的に傷つきやすい若い男子を手助けするのにどうしたらいいか?と質問・・・これまたジャレッドに質問することじゃないのでパス。
 
 ジャレッドはこういう質問にも誠実に対応していて偉いです(。・ω・。)b

 ・サムの特徴がWalkerに現れてるか?
 「おそらく」(笑)
 ジャレッドは未だにCordellというキャラの真実を演じることに努力していて、物語の理に適うよう頑張っている。
 SPNの素晴らしいライター達はジャレッドとジェンセンがサムとディーンになるのを見て、サムとディーンがジャレッドとジェンセンに戻るのも見てる。彼らはジャレッドとサム、ジェンセンとディーンを合わせて合成したように成長させていった。
 「おれはジェンセンの背をちょっと低くしたよ、たまたまね(←) それで、Walkerで物語を語る部分において、恐らくいくらかジャレッドっぽさがサムっぽさになってるかもしれないと思うけれど、出来るだけ気に障り過ぎないようにしているよ」
 

 ・もしシリーズとか映画でSPNが戻るとしたら、皆ヘブンにいるのにどうするのか?という質問。
 「おれたちたくさん死んでるよ」ですよね〜( ̄▽ ̄;)
 Jaredはそういう話をしたこともあるようで、自分にも他の人間にもいくつか戻り方のアイデアがあると言ってます。
 2020年(ジャレッドは2019と言ってるけど)の9/10にサムとディーンにサヨナラを言ってから、ジェンセンも自分も別のところに行ったり家族や自分のための時間を過ごしたりして成長した、ジェンセン(ディーンと言ってる)も同じだろうけど将来もっと良くなった自分になれて、その時はおれたち一日中泣くこともないだろうと。
 
 ・もしSPNのライターになってスティーヴン・アメルの話を書けるとしたらどんな名前のキャラと背景を作る?
 アメルとは友達だという話から入るジャレッド、Acklesとも友だち…と聞かれてないのに言及してるよ(≧∇≦)
 dry wit(無表情で言う機知)を持たせ、自分がいかに彼より背が高いか見せたいからステップを使わせず・・・などと言いつつ、長く考えてみる、スクリーンを共にするのは楽しいだろうと語ってます。
 
 ここで質問者が尽きたようなのだけどいつも仕切ってくれるリチャ氏がいなくて、クリフが来たのを見て自ら「LastQuestion」をcallするジャレッド。
 クリフを連れてきます。
 Jar「お名前は?」
 Clif「あ〜。緊張する」
 Jar「タイニー(S2でクリフが演じた名前)だね。どこから来たの? Folsom Prison。オーライ、質問は?」
 C「あなたが刑務所にいた時」
 Jar「拘置所だよ!」
 C「拘置所。特別な友人がいましたか?」
 逃げるクリフ(笑)
 Musicの後、
 Rob「あのSuperFanは誰?」←
 Jar「おれは特別な友人たちがそこら中にいるよ」
 
 最後に「久しぶりにみんなに会えてとても嬉しかったよ」と挨拶して終了です。
 

 太字にしたのはファンは触れてないのにジャレッド自らがジェンセンに言及した部分。
 J2ってば一人の時は聞かれてないのに相棒のことをよく口にするよね(≧∇≦)




 ジェンセン補充(音量注意)







 では、今日はこれにて(=゚ω゚)ノ


8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ