2021/7/27

The Boys S1-S2  The Boys

  いつも拍手をありがとうございますキラキラ


 癒しのジェンセンをまたトップに貼る〜(^◇^)






 Genが昨年の思い出shotをあげてます 素晴らしいロケーションのShepくん



 ジャレッド補充でWalkerを貼っておこう






 StreamingでいいからJ2のPanelが見たいです(´ノω;`)









 detail不明ながら2003年ごろのジェンセン




 さてさて、The Boys S3に備えてS1とS2を見通したので、ザっと感想を書いておきます。



 なるべく具体的なのは避けますが、ネタバレありで独断と偏見とSPNファン的視点が入ってます('◇')ゞ



 まずこれから視聴する人に注意喚起しておきたいのは、絶対お子さんのいるところでは見ないこと(。・ω・。)b
 暴力描写も性的描写も満載です。NetworkDramaの配慮は皆無。血も肉もついでにあれも飛びます(激汗)


 ヒューイとブッチャーって、サムとディーンの劣化版だなと思った。劣化というと言葉が悪いけど、兄弟がドリーミーな愛されるヒーローとして表現されてるとしたら、ヒューイとブッチャーはよりリアルな人間像。

 ヒューイは特にS1ではイライラさせられたキャラ。目の前で恋人殺されて、復讐誓ったはずなのにふらふらしていて、明らかに仲間を危険にする行動とるし、あっという間にアニ―に惚れるし(ロビンはどうした?)
 けれど本質的な善性は失わずに正しいことをしようとするし、仲間への情も厚い。たまに機転を利かしたり技術で役に立つ。
 つまり・・・サムから知恵と戦闘力と根性を差し引いたようなキャラ。
 サムはディーンだけの癒しであり「良心」だったけど、ヒューイはチームの「良心」として存在する。カナリアと呼ばれるのはそういうことだよね。

 ブッチャーは特にS1では利己的すぎて好きじゃないキャラだった。復讐しか頭にない典型的な粗暴キャラで、自分の目的のために仲間も知り合いも平気で危険にさらし、相手の迷惑に頓着せず汚い手も使う。
 超人であるスープはfreakのMonsterだからみんな敵というスタンスがディーンに通じるし、復讐最優先はジョンにも通じる。
 まあ超人たちが酷過ぎるからこれくらい我を通すリーダーじゃないと敵対出来ないだろうが、状況が変わったS2でやっと情を見せて人間性が出てきて、立ち位置と行動力がディーンを彷彿とさせると思った。
 ただS2でヒューイをカナリア扱いしたのはちょっと唐突感あったな。気力がくじけたせいにしたって、もうちょい伏線が欲しかった。S1では完全に自分の都合で利用してた感じだったから。

 一応善玉として存在するThe Boysのその二人がメインだけど、実のところ影の主役はホームラダーじゃないかと思う。
 いやはやすごかった。何がすごいって行動表情すべてのキャラクター造形と振り切って演じてるアントニー氏がすごい。
 根っから邪悪なヴィランよりも、実のところ被害者の立場で成長に問題があって歪み切ってしまい、無敵の力を持ちつつエゴを極めているこんなpsychoのヴィランの方がずっと怖い。

 このshowですごいのは、とんでもなく嫌なそんなヴィランにもちゃんと物語があること。
 メインのみならずサブキャラも、善玉だけじゃなく悪玉にも紆余曲折を描き、あれがこうしてこうなったことが後々に効いて来てこういう結果、解決に到るという、入れ子細工の複雑な展開がfinaleにつながっていくのが素晴らしい。
 原作があるのは大きいだろうが、シーズン全体の物語構成を書いた後で撮影に入るスタイルが強みとなり、クオリティを高くしてるのだろう。
 NetworkDramaではそんなことできないし、とりあえず振ったネタが評判悪くて捨てることも多く、進行していきながら変わるもんね。本筋があるにしろ、行き当たりばったり感が強い。

 以下、細かい感想を箇条書き。

 個人的に一番安心するキャラはMM。見た目は好きじゃないのに好感持てるのはフランチー。そしてキミコは可愛い。

 メイブは一番人間的なヒーロー。スターライトは悪に染まっていくのかと思ったら違ったw

 Aトレインのお兄さんがAUミカエルだったね。

 ディープの言及に「日本でイルカが一年に2万頭殺される」というセリフがあり、某捏造映画の影響だろうが、実際は2000頭足らず(2019年)なのに調べもしない安易な表現にムカつく。

 キミコの弟に無理矢理日本語を話させる必要性は皆無だった。実際英語のセリフも言わせてるのにね。毎度海外ドラマの日本の引用のいい加減さは嫌い。

 ロバート・シンガー役のJim氏はさらっと2度くらいの出演。

 S1で一番嫌いなキャラが最後に死んで良かったヾ(--;)

 S2ラストは意外な展開で面白い!と思わせてくれた。

 とにかく使われる選曲が上手くて、特に最後に流れる曲はおお〜〜と思うことが多かった。
 80年代の名曲も使ってるから、映像表現からしても本当に資金が潤沢なんだね。8時間の映画二本見たような感じよ。

 SoldierBoyの気配は2度だけ。恐らく弱体化したセブンに絡むようになるのかな〜? 最初の接触はThe Boys側という気がするけど。
 ちょっとホッとしたのは・・・ヴォートのヒーローたちも完全な悪逆非道ばかりではないとわかったこと。つまり、SoldierBoyがヴォート側についたとしても単なる悪役には絶対ならないだろうと思う。
 皆色々抱えた複雑なキャラだから、過去のあるSoldierBoyをジェンセンがどんな風に演じてくれるのか実に楽しみだ(≧∇≦)
 各シーズンに一度だけ入ったサービスシーンを、S3ではSoldierBoyがやってくれないかと希望する。(順番からしたらヒューイかしらね?)


 ややネタバレ感のある今日のロケシーン



 早くSoldierBoyが見たいな〜〜!!!


8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ