結局土曜日のPromotionはなかったようで、ジェンセンも顔を出してくれてないのでWin家の枕持ったダッドを貼る Saving people, hunting things, …" /> San DiegoのJared | Kind of Awesome

2019/7/21

San DiegoのJared  SPN語り 2019

  いつも拍手をありがとうございます(^-^)/


 結局土曜日のPromotionはなかったようで、ジェンセンも顔を出してくれてないのでWin家の枕持ったダッドを貼る







 UpfrontでのInterviewがTVGuideから出てきました
 内容は他から出たのとかぶってますが・・・「Showが終わると恋しくなることは?」という質問。


 sauceの映像


Jar「おれは全てを恋しくなるよ。あまりそれを考えたくないんだ、ちょっと涙ぐんじゃうから」

Jen「ジャレッドと俺は前にそのことを話したんだ、俺たち恋しくなんてならないよ、なぜって彼らのキャラクターは俺たちの一部分なのだから、showは俺たちの一部だった。俺はグロッサリーストアに行ってディーンと誰かに呼ばれてもOKなんだ。それがいつまでも起きてもいいんだよ」

Mis「私は仕事に行って笑って楽しむ、我々がshowで築いた友情だと思う」

Jar「おれはホームにいる時Austinから離れて子供たちやワイフを置いて行くのが嫌いなんだけど、仕事に来てセリフを覚え、ヘアとメイクをしてリハーサルに行く、それはおれたちの仕事への転調のようなもので、それはおれを含めてShowをつくり上げる多くに人たちに意味があり、基本的にファミリーを築くんだ。・・・これまでの間に仲間たちは結婚や離婚、誕生や死、そしてキャリアのために前に進んで去ったりした人たちもいる、おれは全てを恋しくなるよ」

Mis「castやcrewは本当にお互い愛し合いとても楽しんでいる、また別の仕事でそれを見つけられるかどうかわからない、それを願って努力するけど、とても特別だから我々はそれが恋しくなるだろう」

Jen「俺たちが一緒に創り上げたものはすべてレガシーで、俺はそれが死ぬことなどないと思う、ちょっとはしまい込むこともあるかもだけど、でも決して去ることはないよ」


 ざっと訳です。基本的にジェンセンは感傷的にならず前を向こうとしてるし、ジャレッドは油断するとすぐめそめそになるし、ミーシャは冷静に事態を見ている印象だな。
 私は既に今日J2が恋しいです(。・ω・。)o

 ジェンセ〜〜ン〜(ノ◕ヮ◕)ノ*:・゚✧




 promotionがなかった分ジャレッドは純粋にコミコンを楽しんでるようで、仲間とも一緒してました!
 キャッチ画像は多々出てるけれど、主に映像を貼りましょう。

 
 AlexくんとRuthさんと一緒にいたところにリチャードを呼ぶジャレッド〜ヾ(*´∀`*)ノ


 反対側から


 ファンサービス




 ロングバージョン


 いつもながらファンサがすごい( *´艸`)



 ストライプのジャケットが19日














 ハピバtweet追加を二人だけ

 シャトナー氏より この画像をネットで見つけて取っておいたそうですよ!
 ケーキ上のボトルはJameson T. Kirkというアイリッシュウイスキーで、カーク船長を演じたご自分と引っ掛けてるのだと思います(*^-^*)



 そしてジョディことKim女史から
 「一日遅れちゃった。そしてこれは再掲の写真よ。でもうちの子の顔に浮かんだ喜びは、あなたの近くにいる誰もが感じることだわ、友よ。愛してるわジャレッド。ハッピーバースデー」


 お写真はマーク・シェパード氏の結婚式の時撮られたshotです。
 コメントが素晴らしいわ〜キムさん、ありがと〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))


 さてさて、今日もジェンセンとJ2揃い踏みが見られなかったけれど、明日は完全に会えるから今日は耐えてこの辺で(=゚ω゚)ノ


11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ