これはTopに貼らなくてはいけないショット(。・ω・。)b I love seeing bros helping each other out like this. Also, I'm hanging around nur…" /> DallasCon 2019-5 | Kind of Awesome

2019/6/28

DallasCon 2019-5  2019 SPN CON

  いつも拍手をありがとうございます´з`


 これはTopに貼らなくてはいけないショット(。・ω・。)b





 では、GoldPanelを取り上げまーす(^◇^)


























 2つ出た映像どちらも交互に見ながら(聞き取れない部分を確認のため)解読したのですが、場面の時間的ずれは数秒だと思うのでCMの入らないGayled_itさんのを貼ります


 毎度当てにならない推理訳で間違い勘違いも多いと思います。間違いに気づいた方は教えてくださると助かります<(_ _)>

 
 登場のっけから「マイクを壊さないで」とジャレッドに会場から声が飛んでます(笑) debate大会の時もトラブってましたもんね(笑)
 ジェンセンにマイクをつかむなと言われ、マイクが下向きになってるから上に向けないと腰を落として話さなきゃならないと実演するジャレッド。
 
 ・1:04〜ジャレッドは汗をかくから別のテキサスシャツに着替えるつもりというと、
 Jen「しかし、冬の帽子は脱がないんだ」
 Jar「ビーニーだよ」
 Jen「俺は服は変えるけど、帽子(髪型)はそのままだ」
 
 「Texasから来た人?」〜〜からのテキサスのローカルな地名及びやって来た地名をあげてのやり取りが続いた後・・・
 
 ・4:04〜どうやら結婚準備中の方がJ2にアドバイスを求めたようです。
 ジェンセンが語ってることをまとめると、当日いろんな人たちが集まって色々言われる。「いったい何だった?」となりがちだけど、一歩身を引いて周囲を見回し、自分が集められた人たちを理解して楽しみなさい、ということではないかと推測。
 
 ・6:26〜Convention前に何か準備することがあるか?
 会場からスターバックスと言われてコーヒーを示すジェンセン。
 どのConでもスタバからジャレッドはアイスコーヒー、ジェンセンはアメリカーノで、通常朝食としてサンドイッチもだそうです。
 シーズン中はConに来るとJ2とクリフとで土曜日にステーキを食べるそうで、店名が出てますが聞き取れない。
 「おまえ昨夜ステーキ食べたか?」と訊くジェンセン、ジャレッドが食べてないと返すと「俺は食べた」って。
 ジャレッドは通常Con前の朝ワークアウトして、ジェンセンはできる限り遅くまで寝てると(笑)
 ここでジャレッドが「あんた今夜Austinに戻る?」と訊きますが、ジェンセンはダラスに滞在してご両親のところに行くそうです。
 
 ・9:10〜ちょっと妙な質問ですが、として、自分を擬音に例えると?(笑)
 Jar「BANG!」、「KAPOW!」、「FWOOSH!」(≧∇≦)
 Jar「これは擬音じゃないと知ってるけど、OMG」
 Jen「おまえOMGを具現に使うのか? それはおまえの説明に使える?」
 Jar「近いだろ」←(笑)
 Jen「(眺めて頷いた後)オ〜マイガァ〜と言えるよ」(否定的に)
 質問者は「Doin」(と聞こえる)と言ってJ2を笑わせてます。
 
 ・10:52〜ジェンセンの前夜のパフォーマンスを称賛した質問者、「オーマイゴットだった」と言った後、ちょいとdirtyな喩えを言ったのでジェンセン大笑いで身を返し、ジャレッド「OMG」
 質問は何度も出てますが、キャラクターから去るのは辛いだろうが、最も恋しくなることは?と
 ジャレッドは、ジェンセンもだけど、どんな人生においてもキャラクターにさよならは言わない、常にサムは自分の一部だ。出来ればまた会おうと言いたい・・・と語るうちにエモーショナルになったらしいジャレッド。
 Jar「泣くには朝早過ぎる」←
 ジェンセンがフォローして回答引き受けます。
 自分達のキャラクターは長い時間かけて築き上げられ色んな側面で組織に編み込まれたようになっている。奥さんに時々「どうしてディーンみたいに話すの?」と言われる・・・と語った上で、多くのことがあるけれど、ディーンのbadassery(豪胆さ、無謀さ、かっこよさなど含む意味)が恋しくなるだろうと。大胆に国中を歩きまわり、Vampireの首を切り落としたり、Impalaを180度回転させたりとクールなことを。
 ここで「あなた常にドアを蹴破れるわ」と声がかかって肯定(笑)
 ジェンセンはおかしく聞こえるだろうけれどディーンの卑下するところも恋しくなるだろう、それがキャラクターを自分たちにとっても視聴者にとってもリアルにするバランスだ、常にbadassなキャラを持つことは出来ない・・・と言ったところで挙手するジャレッド(笑)
 Jen「(ジャレッドを指さし)代表例」
 そう言う弱さもあるところが、自分もジャレッドもキャラが恋しくなるところだろうと語ってます。
 Jar「Sounds sucks」←たぶん終わった後の話が嫌なのね。
 
 ・16:35〜夫が6,5(約195cm)あって胴体が長くて(long torso)、ジャレッドにどこでカバーできるシャツを手に入れてるのか?という質問。
 Jen「彼はカバーしてないよ。彼が息を深く吸うとお腹が半分見えてしまう」
 ジャレッドが挙動不審で何気に笑いが起きてるのはlong torsoには下ネタの意味があるようです。
 Jen「君は男たちのlong torsoのことどう言われているか知ってるんだろ?」
 Fan「それは本当じゃないわ」
 Jen「ショートシャツ」
 Jar「君、本当じゃないと言った?!」
 Fan「私は彼をjumbo shrimpと呼ぶの」(でかいエビ( ̄▽ ̄;))
 下ネタになりますが大笑いが起きている理由を書くために衒いなく推測を説明しますよ(。・ω・。)b
 この件はdick jokeとのことで、未確認ですが胴の長い人はあそこも長いと言われているのではないかと思われます。
 で、質問者が「その説は本当じゃない。大きなエビと呼んでる」と、つまり旦那さんはエビサイズであると言ってるわけで爆笑になってるのだと思います。
 ジェンセンはjumbo shrimpがジャレッドの新たなニックネームだと言ってますよ(笑)
 Jen「彼(旦那さん)はここにいなくてHappyだろうな」←(笑)
 ファンの方がお詫びを言って、ジャレッドも謝ることないよと、シャツ購入について「long form」と言う単語で話そうとして、質問者もそれで行こうとなるんだけど、
 Jen「それらはスモール、ミディアム、ラージ、そしてjumbo shrimpがある」(←サイズの話)
 ファンとやりとりしていたジャレッド、何言ってるのという感じでジェンセンを振り向きます(笑)
 Jen「Extra jumbo shrimpはやめた方がいい」
 Fan「たぶん私の好みじゃないわ」←
 Jen「ちょっとカクテルソースを乗せるといいよ」(ノ∇≦)
 Jar「カ、カクテルソース?」
 会話が妙な方向に暴走中です( ̄▽ ̄;)
 結局まともに答えることなく終了。
 Jar「(質問者に)君はgreatだよ。おれはそんな風に答えられない」
 Jen「日曜の朝だよ、おい」←結構火に油を注いだ人(笑)
 
 ・20:15〜どうやって”Love yourself first”を学んでいるのか?ってことかな
 ジャレッドはまだ日々学んでいる、それは自ら正しいことのためにトライすることで、”あなたが手助けする責任がある誰かに対するように自分を扱いなさい”という本からの引用に言及し、だから他の人間に言ったりしないことは自分にも言ってはいけないと伝えてます。
 Jen「俺はただ鏡を見て、ブゥッ…ヤー」・・・とふざけてますが、たぶんそれがジェンセンの”Love yourself first”の手段(笑)
 
 21:25〜ジャレッドが次の指名をしてると、
 Jen「俺たちちょっとJason Mannsのshrineを称える時間をとらないか?」
 shrineは聖廟とか聖櫃とかの意味ですが、何かジェイソンの飾り物的パネルでもあったのかしら? キャンドルもあった雰囲気ですが(^^;)
 Jen「彼はここにいるだろう、guys」
 何かジェンセン的にはジェイソンがいなくなったような雰囲気で違和感らしいですが、ジェイソン自身は知ってると会場の皆さんが言ってます(;^_^A 何かイベント的なことか、ジョーク的なことかな? あ、リチャードのせいと言ってるからjokeっぽいな。
 
 22:30〜ティーンエイジャーの頃のトラブルは?
 ジャレッドはパーフェクトだったそう(笑)
 ジェンセンは17歳の時に、朝の3時にハイウェイで5台のパトカーに路肩に寄せて停められ、手錠されたそうです(;^_^A
 何をしたの?と訊かれても話せないと。
  1マイル追跡されて、警官は銃を出して手をあげろと言われた・・・って、なにしたんだホントにΣ(・ω・ノ)ノ
 Jen「でも俺はgood kidだった」←(笑)
 ご両親は当然怒ったようで、
 Jen「俺は”外出禁止”したよ」
 Jar「なぜなら”プリズン”にいたから」←


 
 24:52〜Dallasのビールでお気に入りは?
 ジェンセンはMcKinneyと指さしてるけどビールなのかお店なのかAvenueの名なのかわからない(^^;
 ジャレッドはDallasのローカルを知らなくて、質問者がお勧めを言ってるようです。
 
 26:10〜S9でアバドンを殺したエピが好きだという質問者、たぶんJ2らは画面上の特殊効果のBTSを知ってるから、on the airを見た時に台無しにならないか?ということかな。
 「No」と言ったジャレッド、全部のエピは見てないそうで、ジェンセンに訊いてもやはり全話はon the airで見てないようです。年に一話くらい見ないのがあると言ってるか? よく聞き取れない。
 ジャレッドの語りが例によって長くて要点をつかめないけれど、最終的に演技の過程を経て完成作が出来る経験は自分を豊かにすると言ってる気がします。
 ジェンセンはアバドン演じたアライナさんが、ハーネスをつけてロープで吊られて、えーと、ナイフは収納できるタイプで・・・とアクション撮影の説明が微妙な想像をかきたてたのか挙動不審なジャレッド(笑)
 VFX用のマークをつけて、それは長々しくつまらないシーンがVFXで効果的になるのは素敵だ、ああ自分をおバカに見せることにはならなかった、11時間ハーネスを付けてた価値があった・・・シーズンフィナーレと違って、と言い出すジェンセン( ̄▽ ̄;)
 Jen「シーズン12の」
 Jar「ああ〜、質問ありがとう」
 と遮ったのは、過去何度かジェンセンがS13finale(S12ではない)のロープアクションに文句言ってたから、支障があったのか、あるいはまた文句が始まると思って止めたのかしら(;^_^A
 ジェンセン「S13だ」と言い直してます。
 
 最後ジェンセンがジャレッドを指して「Jumbo shrimp」と言って引っ込みました(≧∇≦)



 
 よし!本日ここまで('◇')ゞ


14



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ