京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komichi@管理人
>金子勝『戦後の終わり』

 昨日、関岡氏の『奪われる日本』とともに、ようやく購入しましたよ。
 読んだら、感想等も書きたいと思います。
 しかし、このところ仕事がしんどくてなかなか本を読んだり、エントリーを書いたりしにくいですな……。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:kaetzchen
金子勝『戦後の終わり』(筑摩書房)も面白いですよ。と言っても,岩波の『世界』掲載論文と,ここ2年ほどの朝日新聞夕刊「論壇時評」をまとめただけの本なんですが。(^^;)

結構,毒が満載で,お薦めです。(^_^)/


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:komichi@管理人
>morichanさん

 私も同感ですね。
 「どうせ、このままでは俺はどうにもならない」と、何もかもが破壊されてリセットされれば救われるという幻想を抱く……。
 あるいは、「何もかも潰れて、他の奴らも俺と同じか、それより下に落ちればいい」という想いを抱いてしまうのか……。

 これからも、この問題について考えなければ。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:komichi@管理人
 どうも、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。


>rさん

 実は、昨日21日は朝8時から夜8時まで、ブログISPのメンテナンスだったのです。
 事前に私にも連絡が行ってたのですが、私自身もオフの多忙と、次のエントリーを仕上げることに気を取られて、連絡を忘れてしまいました。
 ご心配をおかけしました。メンテナンスは延長されまして、翌(つまり本日)午前1時まで続きました。
 心配は要りませ……いや、私の場合もしかしたら、誰かに落とされるということもあるかもしれませんね……。

 とりあえず、私はセキュリティには気を使っております。
 パスワード(ブログISPも、本プロバイダも、仮メルアドも)を週1〜2回の割合で変えたりなど……。
 
 しかし、いざという時の備えはしておいた方がよさそうですね。
 今まで書いた文章のほとんどは、保存してあります。いざ何かあった時のために……。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:morichan
 komichiさん
 確かに、この社会不安が恐いです。
 「経済格差拡大」によって、下層に押し出され、将来不安が高まると、戦争によって全てをリセットできると勘違いさせる。
 これはある意味で「投げやり」である。
 これが一番恐い状況である。若者が靖国に大勢出掛ける状況はまさかこれではないだろうかと考えてしまう。

http://green.ap.teacup.com/passionnante
投稿者:r
心配しました。

昨日一日、コミチさんのブログが開けませんでした。(喜八さんも繋がらないって仰ってましたよ。)
何があったのか心配しました。

保険としてもう一つミラーブログをお造りになってはどうでしょうか?
投稿者:komichi
 『奪われる日本』は、確かに面白そうな本ですね!
 わかりました。入手して読んでみるとしましょう。
 そして感想をまたアップしたいと思います。

 それにしても……文芸春秋が、rさんの予想通り、あっさりと向こうに取り込まれてしまったとは……。もうちょっと骨のある出版社だと思っていたのですがねえ……。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:komichi@管理人
 本日は、一日家でネットに向かい、ゴロゴロしているのがバレバレですな(笑)。


>kaetzchenさん

 それなら心配は要らないようですね。
 「誘い水」でしたか(笑)。
 しかしこれからも、ああいう輩は、人の足を引っ張り続けるでしょうな(逆に言えば、それしか能のない連中なのかもしれませんが)。
 やれやれ、またああいう連中への対処法や、友好ブログや読者諸氏に注意を促した方がいいですかね?
 私は、「民主主義=全ての意見を受け容れること」だとは思ってないので。つまり、「真面目に意見を言う人」と「無責任・非常識な人」「最初から悪意・敵意を持った人」とを同等に扱うというのが、そもそもの間違いだと思います。
 権利を言うなら、必ず責任がついてきます。ルールやマナー等があります。
 その当然のことを認識せず、他人のサイトでいい加減なことやをやったあげく、嫌われ、追い出されたら「言論弾圧だ」とか、「非民主的だ」「閉鎖的だ」と騒ぐ。こういうバカサヨ以下の連中がごろごろいるようで、困ったものです。
 悪いけど私は、こんな連中に対する寛容さは持ち合わせておりませんので。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:r
前述コメントの『』は私の意見です。(汗
以下修正文です。(旧文は削除願います。)
★この本をベストセラーにしませんか?
『奪われる日本(にっぽん)』 講談社現代新書

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cg
関岡英之著 講談社

※関岡氏は保守思想の人です。されど反小泉反安倍に左右は関係ありません。日本人として生まれ育ったのであれば、今の政府の対米売国政策を何としてでも止めなければなりません。対米売国派は意識的に「左右分断」を図ります。しかし、左右思想には相通ずるものがあります。左右分断の為に「対米売国推進派」は「外交防衛」「靖国」「女系天皇制」「憲法改正」を必ず持ち出します。少なくとも現体制「小泉安倍体制」そして「自民党森派:清和政策研究会」が牛耳る状態での「外交防衛」「靖国」「女系天皇制」「憲法改正」は絶対に避けなければなりません。対米売国推進派を日本の指導層から駆逐放逐駆除してから、「本来の保守思想」と「左翼思想」が論戦すればいい、と私は思います。左右思想が連帯して対米売国推進派、売国系右派を駆逐放逐駆除しましょう!

※文春新書で出版された「拒否できない日本」の続編です。
本来なら文春新書から出版されるべき新刊なのですが、ご存知のように文藝春秋社は壷三さんに恭順したようですので現代新書からの刊行となったようです。
多分、小泉応援団としか思えない「アマ●ン」では入手困難になるのでしょうね。

「森田実氏の推薦文」
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02837.HTML

「関岡英之氏は、21世紀初め暗黒の日本に、一筋の光明をもたらした現代日本の天才的な論客だと私は思っている。 …(続きは森田氏ブログ参照の事。)

投稿者:kaetzchen
>komichi さん

いえいえ,ダメージを受けているのは気候と病気のせいでして,「多分、こういうコメントを見て、あの単細胞は「やったぞ! こちらの攻撃は相手に効いている」などと思ったのかもしれません。勘違いであるのかもしれませんが。」は,実は「誘い水」なんですよ(笑) そこまで裏を読める奴とは思えませんけどね。(^^;)

「まあ、それよりは各サイトの管理人さんが、毅然とした対応で、きちんと対応した方がいいと、私は思うのですがね。
 そうしないと、自分のサイトの信用とイメージにも関わると、私は思うのですが。」
そうなんですよね。私は華氏さんのところではっきりと宣言しましたけれど,毅然として叩き斬るといつも言っています。ネットウヨに人権なんか与える必要はないです。ゴキブリみたいな連中ですから(笑)

まぁ,教え子やら知り合いから励ましのメールが来てますので,信用問題は別に気にしていません。体調が良くなくてブログを書いてる時間がない,というのは現実としてあるんですが。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
1|23

QRコード

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ