京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:komichi(子路)
>kaetzchenさん

 いやはや、逆に私の甘さ、というか認識不足を突かれてしまいましたね。いやはや、お恥ずかしい……。

> つまり「教養や社会性のある人、人望や社会的信頼のある人や、人間性豊かで魅力のある人など」も陥ってしまう罠なのかも知れないのですよ

などというくだりは、まさに。
 「言われてみれば、ああなるほどなあ」と思いましたよ。
 
 ネットや匿名投書などで、そういった嫌がらせをする人たちの心理については、私も何冊か本を読んだことがあります。岩波新書では、斉藤貴男『安心のファシズム』、辛淑玉『怒りの方法』、香山リカ『いまどきの常識』などです。
 今後とも、そういった人たちのことも書いていきたいと思います。
 ご意見等もいただければ、と思います。


 なお、あなたの体験談も読みましたが……大学教員か何か知らないけど、アホですな、そいつら。特に、職場から書いてるなんぞ……自分らがやったって、相手に知らせてるようなもの……しかも、バレたら自分だけでなく、職場の恥になるということを、想像できないんですかねえ。苦笑するしかないです。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:kaetzchen
私が視覚障害者になって隠遁したころ,(元々私は自分の学歴とか職歴なんかを書いて自慢する奴は大嫌いですから)某大学教員(複数)による猛烈な「荒らし」を受けたことがあります(笑) proxy server にその時の授受の記録が残ってまして,何と職場からバカ書いてるんですよね。呆れて無視してたら,そのうち私の実名を入れた罵詈雑言を自分のブログで書きまくって大恥をかいてましたけど。人間,立場が変わると,ああも堕ちるものかなぁと思いましたよ。(^^;)

ネット右翼に限らず,団塊世代の偉いさんでさえ,匿名性に隠れてそんなことをしてしまうのが,ネットの怖い所です。女子学生にセクハラを起こしてクビになる教員が多いのも,やはり一種の匿名性と「偉い人」が結合した結果なのかも知れません。つまり「教養や社会性のある人、人望や社会的信頼のある人や、人間性豊かで魅力のある人など」も陥ってしまう罠なのかも知れないのですよ……。

私は人間は専門ではないのですけど(医学部中退なので),最近団塊世代と団塊ジュニア世代の心の中について,幾つか本を読みながら他の民族や動物と比較して考え込むことが多いです。




http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:komichi(子路)
>nizaonさん

 コメントありがとうございました。
 それといつも、ブログを楽しみに読んでおります。


>ブログに変なの(ネット右翼)がついた?

 いますねえ、ああいうしょうもないことをする人が(苦笑)。
 いわゆる「ネット右翼(注:他人のことを、すぐに「右」だとか「左」とかレッテルを貼るのは私は好きではありませんが、ここでは便宜上、とりあえずそういう呼称を使わせて貰います)について。
 この問題については、いつかここでも取り上げたいと思うのですが、ここでは貴方のように、いわゆるネット右翼に悩まされて皆さんに、私から言いたいことを2つだけ申し上げます。

 ひとつは、いわゆるあらしやネット右翼などは、「ネットの匿名性」という殻に閉じこもって他者を排撃することしかできないような、本当にしょうもない、哀れむか、蔑むべき存在でしかない、ということです。
 教養や社会性のある人、人望や社会的信頼のある人や、人間性豊かで魅力のある人などが、あのようななことをしますか? 批判の仕方にしたって、もっとマシな批判の仕方があるでしょうに……。
 はっきり言って、真面目に議論する気がないのです。そんな人たちはまともに相手にせんでもいいのです。他の読者さんの迷惑になるだけで。そういうのを無視や発言削除しても、卑怯でも逃げでも何ともない、と私は思います。

 それともうひとつ。
 あなた方には、あんなしょうもない妨害者よりも、はるかに多い愛読者や支持者がいるのです。直接トラバやコメントくれる人だけでなく、黙って読んでくれる声なき読者・支持者が。
 あなた方は、しょうもない妨害者よりも、その何倍もいるであろう、愛読者のことを考えていればいいのです。

 ……などと、こちらこそ偉そうなことを言ってしまいました。
 お気にさわったらすんません。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:nizan
komichiさん、こんばんわ、TBやコメントいつもありがとうございます。私のブログに変なのが付くようになりました。私のブログ如きに付いてもしょうがないと思うんですけどねぇ。
ネット右翼なんでしょうか??すいません、誰かに愚痴を言いたくなって・・・

http://blog.goo.ne.jp/nizan
投稿者:komichi(子路)
>kaetzchenさん

 コメントありがとうございました。
 私のような考えの人は、一人じゃなかったですね。


>ゆとり教育

 おそらく受験・偏差値至上主義への反発・反省(もちろん、それだけじゃないでしょうが)からも行われたであろう、「ゆとり教育」。「個性の尊重」だとか言って、続けてきた結果がこれとは……一体、何だったんだろうか、と私は思っています。

 
>世間知らず以前に「身の程知らず」

 おっしゃるとおりかもしれませんね。
 「受験」や「いじめ」などの他、苦労したり、本当に痛い目に遭わずにきてしまった。
 それに加えて、他者の立場とか痛みというのが理解できない、というのが大きいと思います。この点は、再開予定のシリーズ「若年層小泉支持の背後にある新自由主義への幻想」でも、とりあげようと思います。
 「仕事を覚えるのはものすごく大変だ」ということを理解してほしいのと同時に、もうちょっと「他者(特に弱者)への想像力」というものを身につけてほしいものです。
 しかしこれは……若者だけじゃあなくて、日本人全体に言えることではないか、という気もするのですが……。

 なお、再開予定のシリーズ「若年層小泉支持の背後にある新自由主義への幻想」に対するご意見もいただければ幸いです。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:kaetzchen
おこじょさんのトラックバックから来ました。私も似たようなことをつらつら書いてきましたけど,バブル以降に小学校で「ゆとり教育」を受けた若者達に共通する特徴です。世間知らず以前に「身の程知らず」なのですよ! 私は病気のため障害者になり,「弱者」の側になってようやく自分が踏みつけにしてきた「弱者」の立場が分かってきました。だけど,仕事を一つ覚えるって,ものすごく根気がいることなんだということを,少しでも分かって欲しいなと思うことしきりですね。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/

QRコード

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ