京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>酔っぱの猫さん

 いつもコメントありがとうございます。
 あそこを含めた嵯峨野から愛宕街道、化野、愛宕山に至るまでの辺りは、昔からいろいろと曰くがあったようですから。

 幸か不幸か私の場合は、あまり霊感がないようですから、夜の神社や心霊スポット等に行っても比較的平気なようなので、『京都妖怪探訪』のようなことを続けていられるようです(笑)。
 もし霊感とかあったら、夜の清水寺とか崇道神社に行って、写真を撮りまくるような、アホで無謀な真似はできなかったかも。
 それでも、晴明神社の御守りを常備するなど、一応の防御策はしているつもりですが……。

 霊感のあまりなさそうな私でも、夜の寺社は怖いと感じることが多いですね。
 夜の闇を怖れるというのは、人間が持っている本能のひとつなのかもしれません。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:酔っぱの猫
野宮踏切。
噂では女子高生が自殺した後云々とありますが、もっと古い感じです。強いて言えば鉄道を通す時に何か結界を壊した結果として変な事が起き始めた。前述の女子高生もその影響を受けたのかな?

神社は昼の顔と夜の顔がありますから・・・。
昼間は良くても夜は「此処、無理」となる神社もありますよ(苦笑)
夜に入るなら心を確かにもたないと「お土産」を貰う事も(汗)

QRコード

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ