京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>酔っぱの猫さん

 いつもコメントありがとうございます。
 ここに「魔所」の臭いを感じとられるとは、さすがですね(笑)。
 言われて見れば、新田義貞の墓だけ、厳重に囲われているようです……。

 実は先日、「祇王寺の紅葉をリベンジで撮る」ために、祇王寺を再訪しました。
 その時、滝口寺の方はもう紅葉が散った後みたいでしたので、時間的余裕がなかったこともあって入りませんでしたが……。
 また違った顔も見られたかも知れない、と思えば少し後悔が。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:酔っぱの猫
「新田義貞の首塚」迫力ありますね。なぜ塚に近付けなくしてしまったのか・・・。ちょっと怪しいですね(笑)
石の柵は近代の物と思われますが、それ以前から柵があったのか?
鼠小僧のお墓みたいに削られたとか、それとも夜な夜な出たとか。(まさか)
何かを封じ込めた印象ですね。

ここ滝口寺も十分「魔所」の感じがします。滅多な事では表には出ない「闇」の香りが(笑)

当時(近代まで)何かあれば一族郎党まで累が及んでいたので女子供の命を守るには出家しか助かる(助ける)手がなかったのでしょうね。

QRコード

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ