京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小径@管理人
 遅くなってすみませんが、レス返しを。



>酔っぱの猫さん

 いつもコメントありがとうございます。
 今年の紅葉の見頃を見極めるのはなかなか難しかったです。
 同じ境内でも、赤く染まっている葉と青葉のままの場所とがあるくらいでしたから。
 嵯峨野の、特に愛宕道、愛宕街道辺りは、火の神が支配する愛宕山に通じ、また死者の国(平安京の葬送地のひとつ・化野)へと続く道でもあります。
 「根の国、出雲と似通ったイメージ」もそういうところから来るのかもしれません。
 烏瓜の光景もお気に召していただいたようで、何よりです。



>清盛殿

 コメントと、我が身の境遇を察したお心遣い、大変有り難く思います。
 『平家物語』の記述から、最後は高熱を発して亡くなられ、無間地獄行きとなられた、と聞きまして。
 それで心配しておりましたが、お元気そうで何よりです。
 今後も、「キモヲタの舞」「万年モテない男の舞」をしますので、地獄から生暖かい目で見守っていただきたく思います。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:清盛
これ、小路よ
そちもここへ来て、絆の舞、命の舞、
弱者ぁあああ!の舞をわしに見せてみよ。
ううむ、なかなかの舞、褒めて遣わす。
そちも安月給でさぞかし辛かろう、
これから国家紙幣を発行してそちに特別に
1億ええじゃないか(通貨単位)授けて遣わす。
これからもわしのために毎晩舞うのじゃぞ
ほほほほ
投稿者:酔っぱの猫
連休も嵐山の山肌は色付きが良かったけれど嵯峨野側は未だでした。川一つでこんなに違うものかと。
住んでいる人は兎も角、外から見れば嵯峨野と言えば根の国 - 出雲と似通ったイメージが強いですね。

垣に下がる烏瓜の実が良い感じで。冬の光に紅く輝くんでしょうね。

QRコード

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ