京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>酔っぱの猫さん


 いつもコメントありがとうございます。
 どちらの夕霧さんかはよくわかりませんでした。
 どうも、諸説あるようで……。

 「島原・扇屋の太夫となった後に、扇屋が大坂新町に移転したため夕霧も大坂へと移転した」という説もあったりしまして。

http://kyotocf.com/content/newshop/matsuri/%E5%A4%95%E9%9C%A7%E7%A5%AD%E5%B5%AF%E5%B3%A8%E9%87%88%E8%BF%A6%E5%A0%82%E3%80%8010-11/

http://blogs.yahoo.co.jp/masato5827/35686872.html


 さらに「夕霧の墓」と称するものが、大阪の浄国寺の他、四国や和歌山にもありまして。
 私にはこっちの方が謎だったりします(笑)。

 毎年11月第2日曜日の夕霧祭は、中村芳子さんが始めたのは本当だそうです。
 この三地蔵はいつからあるのかよくわかりませんが、よく見ればそれほど古い時代のものではなさそうです。
 どうも女性の顔は、髪型が変わると(特に丸坊主になりますと)印象が全く変わりますので、なかなか見分けがつきにくいのですが、もしかしたら本当に二代目夕霧さんがモデルかも、と思えてきます。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:酔っぱの猫
夕霧太夫。
祇園・嶋原どちらの太夫ですかね。
初代中村鴈治郎(大阪新町の妓楼・扇屋が生家)の娘、中村芳子(本人も二代目夕霧太夫と名乗っていた)が「夕霧供養祭」を始めたとされてますが。

夕霧地蔵さんの尊顔、二代目夕霧太夫がモデルでしょうか

QRコード

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ