京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>木暮雄二さん

 どうも始めまして。
 コメントありがとうございます。

 京都にはここの他にも、松原通り(旧五条通り)沿いにも「道祖神社」があります。
 今昔物語集や、「宇治拾遺物語」巻一の一「道命阿闍利、和泉式部の許で読経し、五条の道祖神が聴聞した事」にも登場したという道祖神だそうです。
 いずれ紹介したいと思い、写真まで撮ったのですが、記事にするだけの時間的余裕とかがなくて、未だにできずに居ます。

 ところで、貴サイトも拝見しましたが、面白いサイトですね! 「あんな形の道祖神もあるのか!」とか。
 プラウザのお気に入りに登録しました。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:木暮雄二
道祖神社とは初めて知りました。群馬県には峠の名前などでは見かけますけど、道祖神社には出会っていません。

http://www.dousojinchizu.com
投稿者:小路@管理人
>酔っぱの猫さん

 いつもコメントありがとうございます。

 実を言いますと、五条天神社と松原道祖神社も訪れたことがありましてね。
 多忙のため未発表の、写真やレポートのストックが、こちらにはまだ結構たくさんあるのですよ。
 というか、五条天神社から東へ、その先の六道の辻、鳥辺野、清水寺までの松原通り沿いには、面白いスポットがいろいろありますよ。
 

>この五条天神社(旧名:天使之社)近辺にあった橋が牛若丸と弁慶が出会った五条橋とする説も・・・。


 この説については、本シリーズにも時々登場する妖怪絵師・研究家の葛城トオル氏に教えていただいたことがあります。
 この説と五条天神社、(元々の)五条橋についても、また記事にとりあげたいですね。
 その時は、五条天神社から始まって松原通りを歩く連続特集記事でも書こうかな、と思っております。



>「京まふ」も面白かったけど、知ってるのがブッダとハーロックだけとは・・・(汗)


 いえいえ、たいていの人はそんなもんですよ(笑)。
 というのは、現在テレビ放映されている新しいアニメ作品だけでも、半年か数ヶ月毎に、何十作という作品が発表されているのですよ。
 よほどのマニアでなければ、それらの全てを知るのは大変ですよ(苦笑)。
 私の周りには、新しいアニメ作品にも詳しい友人・知人が何人も居るので、私もかろうじてその一部を知っているにすぎません(笑)。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:酔っぱの猫
えっ!道祖神社!?先を越された・・・(汗)
あ、違った(笑)

松原道祖神社じゃ無かったんですね。ここも道祖神社と呼ばれている社でして。
松原道祖神社と通一つ西にある五条天神社は京都でも古い神社の一つ(平安京遷都以前から)だそうで、元々は同じ境内にあったとか。
だから五条天神と名前が付いていながら菅原道真公が祭られていない(今はどうなんだろ?)。

実は・・・。

この五条天神社(旧名:天使之社)近辺にあった橋が牛若丸と弁慶が出会った五条橋とする説も・・・。

あ、ばらしちゃった(笑)

「京まふ」も面白かったけど、知ってるのがブッダとハーロックだけとは・・・(汗)

QRコード

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ