京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:r
資料(過去に載せたかな?)by 2ch

また変なコラムを読んでしまった。
月刊 Will の12月号に掲載されている渡部昇一(上智大名誉教授)と水島聡(チャンネル桜)両氏のコラムだ。
渡部氏は選挙直前(2005年9月10日までか?)の新聞テレビは反米、反郵政民営化一色だったといった。
そして水島、渡部両氏は選挙期間中の新聞テレビは民主党ヨイショ状態で反小泉、反自民党一色で、特に「報道ステーション」と「筑紫のN23」が特に酷かったそうだ。
それを読んだ瞬間俺の脳みそに「?マーク」が数百個、いや無限に広がって思考停止状態に陥ってしまった。
「こ…こいつら、一体、何を言ってるんだ?俺は選挙当日まで腹を立てながらテレビを観てたんだぞ?どこをどう解釈すれば反小泉、反自民、反米、反郵政民営化報道になるんだ?」
実際、報道ステーションにおいて古館伊知郎は新党日本の小林興起と共産党の市田が「年次改革要望書」に触れたとたん、発狂するが如く発言を妨害し、「安部さん!安部さん!そんな事ないですよね!!」なんてほえてたぞ。
(ソースは上記レスにあるし、過去スレ参照の事。しんぶん赤旗にも記事がある。)
もし、渡部、水島両氏の言うとおりだったならばこのスレ立たないだろ?
既出だが田原総一郎も週刊朝日の「ギロン堂」で、「新聞テレビは反小泉、反自民報道だった。」なんて戯けた事を言ってる。
「こいつらは示し合わせているのか?」
そんな疑問が頭を過ぎったぞ。
月刊ウィルって極右雑誌だよな?(でも岡留のコラムが載ってる。)
実は南京大虐殺ってあったんじゃないのか?(俺は多少なりともあったと思ってるが…戦争ってのは集団狂気状態だから虐殺がない方が不思議。)
それも中国が発表している数字以上に(当時の中国で戸籍やら住民票が整備されてたとは思えないから中国側の数字には疑問を感じるが。)
歴史ってこうやって捏造されるのか?とも思った。
なんなんだよ?訳わかんねえ!ありえねー!

これ、どう思います?

投稿者:r
最近、不穏な動きがありますね。
、というのも…

小泉自民とその支持者、信者が必死になって
8・8から9・11までに繰り広げられた新聞テレビ総力を挙げての小泉自民応援の偏向報道の事実を「民主党応援一色だった」にすり替えようとしてますね。
私がよく読む「【小泉】新聞テレビの…(2ch:政治板)」にも「偏向はない」とか「民主一色だった」などと必死の書き込みが見られます。
一部出版メディア、例えば田原総一郎の「ギロン堂」(週刊朝日)や大谷昭宏の公式HPなどその他いろいろ…
歴史ってのはこのように捏造されるのですね。
投稿者:r
お読みください。

http://adpweb.com/eco/
【遠ざかる豊かな社会 】
「景気が良くなったというデマ 」
   05/11/28(415号)
投稿者:r
http://www.muneo.gr.jp/html/index.html
ムネオ日記

是非お読みください。
お恥ずかしながら私はムネオ騒動の時、ムネオ氏に対して憤っていました。
あの時は国策報道だとはまったく考えていませんでした。
逮捕後、民主党の古賀潤一郎学歴詐称騒動が勃発し、小泉と安倍の同疑惑が発覚してメディアが急激に尻すぼみになるのを見るまで、何も考えずにムネオ氏を非難していました。

あれからでしたね、急激に国策捜査が増えたのは。。。

ムネオ氏は小泉の竹中型新自由主義を徹底的に糾弾しています。
ムネオ氏の著作やその他をいろいろ拝読、拝見しましたが、全てが納得できるものでした。
勿論、ムネオ氏が正義だとは思っていません。寧ろ悪党だと思います。
しかし、彼は正統な温情ある悪党です。
小泉とは違います。

そういうわけで是非、お読みください。

ところで反米右翼と反米左翼、なんで共闘しないのかなあ?

QRコード

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ