京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>わ〜い、お茶さん

 いつもコメントありがとうございます。
 桜というのは、いろいろと不思議というか、不思議なイメージのついてまわる花で。
 例えば、桜の美しく散っていく様子が、日本人の美意識とか、無常観にもよく合っていたこと等も、桜が愛されてきた理由の一つではないかと思います。
 極端に言えば、「死」や「滅び」「無常」などのイメージと結びついているとか。

 なお、これからしばらく桜の特集でもやっていきたいと思いますのでよろしくです。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:わ〜い、お茶
こんにちは。そう言えば桜と言うのはなぜ妖しいイメージが付いて回るのでしょうか?桜
守のお話は以前投稿したと思うのですが、あと坂口安吾の桜に関する怪しい話(桜の下には死体が埋まっている)等です。彼岸花の様にその形や咲いている場所等からあまり良い
イメージがありませんが桜はそう言った話を
聞きません。もしかして早く散る所から短命
=死のイメージが出来たのでしょうか?春に
なると各地で咲いて春の風物詩となって居ますが全く以って不思議です。

QRコード

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ