京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>わ〜い、お茶さん

 いつもコメントありがとうございます。

 はい、京都の夏は暑いですよ。
 また冬は(近年は大雪が降る日は少ないですが)、もの凄く寒いですよ。
 他地域の方が抱くイメージほど快適でもない、というのが正直なところですね。
 ただそれでも、大きな台風被害などは比較的少なかったりして、そういうところは「さすがは千年の都」などと妙な感心をしたりまします。

 それと、どうもお気遣いありがとうございます。
 こういうシリーズ記事を書いていますと、心霊スポットや曰く付きの場所など、ヤバそうな場所に出かけていくことも少なくありません。
 ですから、清めの塩や般若心経手ぬぐいとかも、一応は準備しております。
 また、以下のように晴明神社の厄除け桃のお守りを常に胸ポケットに常備しております。


http://moon.ap.teacup.com/komichi/img/1267110442.jpg


 崇道神社の時みたいに、一人では行かずに、葛城トオル氏のように霊的に強そうな人と一緒に行動する、ということもあります。


 昔、一時期はよく金縛り等にも遭いまして、般若心経が書かれた手ぬぐいとか、お守りとかが、寝る時も手放せなかったこともありましたっけ。
 現在では、その頃に比べると平穏に過ごせています。祟りとか霊障のようなものは見られません。今のところは……。

 あと、心霊スポットなどには、霊的なものとは別に、より現実的・物理的な危険のある場所もあります。
 例えば廃墟などには、崩落などの危険も。また、真っ暗だったり、足場が悪かったり、事故や道に迷ったり等の危険のあるスポットもあります。(例:深泥が池など)
 さらには、犯罪者や暴走族など危ない人たちに遭遇しそうな場所もあったりします。
 そういう場所には(好奇心を我慢して)、近づくのを断念したりします。


 一応は、身の安全にもそれなりに注意しながら、取材活動を続けておりますので、ご安心を。

 さて、今年も残り少なくなりましたが、来年も引き続き、京都各所のスポットを訪れながら、記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしく!

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:わ〜い、お茶
こんばんは。今年ももう残す所僅かとなりました。そう言えば京都の冬は寒いのでしょうか?夏は大変暑いと聞きました。「ブリリアントグリーン」と言うバンドのボーカルの方が「京都の夏は狂いそうに成る程暑い」とTVで仰っていました。京都は私のイメージでは年中爽やかな風が吹いている、そんなイメージがしていますがそうでもないのですね。
他県の私には思いもよらない事です。また一つ京都の事を知るきっかけとなりました。心霊スポットに行かれるとの事ですが、もしかしておせっかいになるかも知れませんが本来ならば余りそう言った所は行かないほうがいいのですが、このブログを見ている人たちの
為に行かれるので大変ご苦労されていると思います。そう言った所へ行かれるならば塩と
般若心経のお経など持って行かれるといわゆるこの世の者ではない存在に因る不測の事態
にもしも在っても万全では在りませんが取り敢えずその場は凌げると思いますので是非持って行っていただきたいと思います。最後になりましたがお体に気を付けて京都やいろいろな所を紹介して行っていただきたいと思います。

QRコード

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ