京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>わ〜い、お茶さん

 こんにちは。
 いつもコメントありがとうございます。


>立像の閻魔天と言うのは珍しいですね

 確かに。
 六道珍皇寺や千本えんま堂の尊像や地獄絵など、いくつもの閻魔像を観てきましたが、立っている閻魔像というのも珍しいですね。
 「人頭杖で確認」できたとは、さすがによく見ておられますね! 私も案内書き読むまで、閻魔像であるとは気づきませんでしたよ。


>西日本と言うのはそれ自体が巨大なパワースポット

 言われてみれば!
 仰る通りかもしれません。
 特に近年の市街地では都市化・乱開発が進んで歴史的景観が損なわれてきた感はありますが、私は「京都という街自体が巨大な霊的スポットとして造られてきた」と考えております。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:わ〜い、お茶
こんにちは。立像の閻魔天と言うのは珍しいですね。胎蔵界曼荼羅では牛に座って死者を裁いている姿で現されています。この立像も
閻魔天と言われなければ分かりませんでした。手に持っている人頭杖で確認出来ました。何でも地の気が大量に出ている土地には
有力な寺社が集まると言います。天孫降臨で有名な宮崎県もまたそういった所なので西日本と言うのはそれ自体が巨大なパワースポットなのかも知れません・・・。

QRコード

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ